だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2007年11月の懸賞当選品

ダイエー商品券5000円分(ダイエー・明治乳業)
「アジヨシ」又は「焼肉よしだ」の食事券4000円分(万代・キッコーマン)
キッコーマン丸大豆GABAしょうゆ(万代・キッコーマン)
マイバッグトートタイプ(近商ストア・明治乳業)
マイバッグトートタイプ(近商ストア・明治乳業)
ファーファぬいぐるみ(ニッサン石鹸)
グレイスソフィーナトライアルセット(花王)
全国共通図書カード500円券(SHOP99・ロッテ)
現金5000円(エステー化学)
鶴瓶のらくだ(大阪松竹座公演)(ライフ・伊藤園)
文楽の夕べ(日本経済新聞社)
ごっつお便20000円分(イトーヨーカドー・丸大・エスパ・明治乳業・森永乳業・ダノン・メグミルク・グリコ乳業・雪印乳業・小岩井乳業)
お菓子の詰め合わせ(平和堂・三幸製菓・ブルボン・不二家・ネスレコンフェクショナリー)
イオン商品券1000円分(イオングループ)
ウエルシア・ストアーズ商品券500円分(イオン・ウエルシア・ストアーズ)
グレイスソフィーナ新ファンデーション・トライアルセット(花王)
グレイスソフィーナ新ファンデーション・トライアルセット(花王)
北海道パティスリーサラ生プリン(JTBパブリッシング)
東京青山ランスケーキセット(JTBパブリッシング)
セブン&アイ共通商品券1000円分(イトーヨーカドー・エスパ・サントリーフーズ)
たらばがに(オークワ・ニッスイ)
こうちゃんの簡単料理教室(ダイエー・日清食品)
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-30 23:59 | 月間当選記録
冷えちまったせいなのかどうか、
今日は、脇腹痛がひどいので、
趣味にしておる懸賞での当選だけ記録し、
クカ~ッと眠る事にしますじゃ。


今日の懸賞当選品
たらばがに(オークワ・ニッスイ)
こうちゃんの簡単料理教室(ダイエー・日清食品)
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-30 23:58 | 日常生活
今日は、
先日、夫、隠遁ライダーが、
日経新聞のオープン懸賞で当選した「文楽の夕べ」に行ったその折りの模様を記録しておきますじゃ。

会場の厚生年金会館に着いた隠遁ライダー、
まず目に入ったのが黒山の人だかり~。

「おぉ、文楽も捨てたもんやないのぅ」
と、感心しきりじゃったそうなのじゃが、
近づくに従って、
「アレレ?客層が・・・・・・??????」

・・・・・・結局、その人だかりは、
GLAYのコンサートに来た方々じゃったそうで、
「文楽の夕べ」とは、何の関係も無かったそうなのじゃが、
さすがにGLAYにゃあ負けるとは言え、
「文楽の夕べ」もなかなかの盛況じゃたそうな。

公演の内容は、
第一部が、住大夫氏と、薬師寺長老松久保氏の対談。
第二部が、文楽ミニ公演「義経千本桜・道行初音旅」と、「楽しい文楽鑑賞法」の座談会じゃったそうじゃ。

隠遁ライタ゜ーの報告によると、
住大夫氏の対談は、
「基本に忠実にしておれば、いつか何かが出てくる」
等、人間国宝が言葉にすれば、
とても重々しいものから、
「近松作品は、字余りの上に字足らずで、登場人物が出るのも遅く、変化も無く嫌い~」
っちゅう、単に好き嫌いのお話迄、実に様々。

また、
住大夫氏がよくお話になる、
「大阪の言葉や、アクセントが身に付いていなければ(文楽に携わるのは)シンドイ」(文楽では、三味線も大阪訛りになっておるそうじゃ)
ちゅうお話もされておったそうなのじゃが、
その後に出演された方々は、
皆さん、キツチリ標準語だったそうじゃ~(汗)。

そう言えば、
文楽からは離れるが、
今回、対談のお相手じゃった松久保氏。

薬師寺の長老なんじゃよなぁ。

薬師寺と言えば、
10年程前は、すぐご近所の唐招提寺と、犬猿の仲でモメモメじゃったのじゃが、
今はどうされておるんじゃろう~?

宗派は違えど、宗教人同士なんじゃから、
仲直りされておったらエエんじゃけど~。
と、ヒヨコ船長如き、一般衆生に心配されるようではどないやねん~?なんじゃけどな。

まっ、それはさておき、
話は「文楽の夕べ」に戻り、
この公演の第二部で、
「義経千本桜 道行初音旅」が上演された時、
出演者もビックリのハプニングが起こったらしいのじゃ~。

このお話では、
源義経の愛人静御前に同道する、狐忠信っちゅうのが出て来てのぅ、
それは、舞台の上では、狐の姿じゃったり、人間(忠信)の姿じゃったり、
時々で姿を変えよるんじゃ。

そんな狐忠信を、
人形遣いの方はお一人で演られるもので、
ご自身、狐→忠信に短時間で変身せねばならん(人形遣いの方も着物が変わるのじゃ)。

その丁度着替えの真っ最中の事じゃそうな、
着替え時の衝立代わりにしておったセット(背景)が倒れ、
着替えシーンが丸見えに~。

しかも、折り悪く、
丁度その時、狐忠信担当の玉女氏、
狐と忠信のハーフ&ハーフ状態じゃったそうで、
その瞬間、
全身から、
「!!!!!!」
を全開されておったそうじゃ・・・・・・。

いつも使われておる舞台と勝手が違うたのじゃろうか?

生の舞台って、何が起こるかわからんのぅ~。

でも、
だからこそ緊張感が有る生の舞台鑑賞が大好きなヒヨコ船長一家。

これからも、
貪欲に夫婦で楽しみたいものですじゃ~。
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-29 20:10 | 観劇
むかし、むかし、
ある所におじいさんとおばあさんがおりました。
ある日の事、
おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯へ行きました・・・・・・。

もと~いっ!!

昨日の事、
夫、隠遁ライダーは、厚生年金ホールへ「文楽の夕べ」に、妻、ヒヨコ船長は、松竹座へ「鶴瓶のらくだ」を聞きに行きましたじゃ。

なので~、
今日は、少しその折の感想を記録しておく事にしますじゃ。

まず、
ライフと伊藤園のクローズド懸賞により、
第一回落語大秘演會「鶴瓶のらくだ」が当選したヒヨコ船長。

暇そうにしておる、母、ランさんを誘って、
松竹座へ~。

少し、早めに到着したので、
極楽商店街(レディースデーで、入館料が女性は無料じゃったのじゃ)に入り、
串カツをハムハム~。

調子にのった所で、
いよいよ鶴瓶氏の独演会に~。

内容は、
いつもの通りの漫談的な語り
鶴瓶氏オリジナルの「私落語」
古典落語「らくだ」
じゃった。

んでのぅ、
一番面白かったのは、
最初の掴み、漫談・・・・・・。

頑張っておられる方を悪く言うのは、本意では無いのじゃが、
「私落語」の前半メインは、
鶴瓶氏自身の高校時代ネタで、
(話の内容からするに)おそらく国語の先生の話・・・・・・。

なのにのぅ~、
鶴瓶氏がその青木先生を演ると、
黒板に文字を横書きにするんじゃ~!!

有り得な~いっ!!

国語の授業で横書きは絶対に有り得んのじゃ!!

あ゛~、気色悪~っ(「あ゛」と言う仮名も存在せんが)。

と、滅茶苦茶細かい所が気になって気になって集中できんかった~。

そして、
メイン中のメイン、「らくだ」。

こちらは、何が気になるかって、
やっぱり、話の途中何回か「噛む」事じゃな・・・・・・。

そりゃあ、鶴瓶氏の話芸は、
テレビでも何度も「噛む」事が真骨頂とされておるのは知っておる。

でも~、
古典落語は噛まんとって欲しかったなぁ・・・・・・。

だって、
ヒヨコ船長、
歌舞伎でも、文楽でも、劇団四季でも、蜷川幸夫氏演出の舞台でも、その他諸々でも、
本番で噛んでしまう舞台人って、見た事無いじゃしな~。

なんじゃかんじゃ言うたとて、
そこは押さえといて貰わんと、
聞きづらいわして~。

・・・・・・っちゅう感じじゃった。

おぅ、そうそう、
この日は、毎日放送のアナウンサー、西靖氏も来られておったぢょい。

そう言えば、今月、少し前に行った文楽にゃあ、
エッセイストの酒井順子氏が来られておったのぅ~。

えっ?西氏の感想?
ただのおっちゃんでしたじゃ(ごめんなさりまして~)。

明日のブログにゃあ、
夫、隠遁ライダーの行った「文楽の夕べ」について少々書きますじゃ。

ミニ公演「義経千本桜 道行初音旅」では、
上演の最中に
とんでも無いハプニングが起こったんじゃと。

まさに、予想外のハプニングじゃったので、三味線の糸が切れるどころではなかったらしいわして~(汗)。
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-28 19:50 | 観劇
数日前の話になるのじゃが、
ヒヨコ船長は、夫、隠遁ライダーと、文楽鑑賞を楽しんできたじゃ。

まず23日に、第一部の「近江源氏先陣館」「艶容女舞衣」「面売り」。
そして、一日空けた25日に、第二部の「源平布引滝」「曾根崎心中」。

もう、「近江源氏先陣館」では号泣~。
「面売り」も、ヒヨコ船長一家に、「ズンベラ」ブームを巻き起こし(登場人物が「ズンベラ、ズンベラ♪」と、歌いながら踊るんじゃ)、
「曾根崎心中」でも、住大夫氏の浄瑠璃に大感動~。
ただでさえ、この作品は、近松門左衛門の文が泣かせよるっちゅうに、
住大夫氏が語れば無敵じゃわい。

ちなみに、
「曾根崎心中」は、歌舞伎とは違い、劇中に、何と、人魂が登場~。
その人魂は、怪しく美しい仕上がりになっており、
鳥かごの中に入れて飼いたい位じゃ~(オイオイ、よりによって何を飼う気やねん?)。
これが妙に気に入ったヒヨコ船長、
自宅でも、
「のぅ、見て、見て~。『曾根崎心中』に出てくる人魂のマネ~」
と、隠遁ライダーに一日一回、人魂物まねを披露しておる(←迷惑な奴)。

と、
文楽自体は、
いつもの通り楽しめたのじゃが、
今回の文楽鑑賞に当たっては、
チト驚愕と、感心で心が動かされたわい・・・・・・。

まず、
時系列で振り返ると、
23日 文楽第一部公演鑑賞
24日 新聞朝刊で、十九大夫氏による5000万円の使途不明金問題を知る
25日 朝、 自宅に有る限りの新聞全て(朝日新聞・産経新聞・日経新聞・毎日新聞・読売新聞)に十九大夫氏による使途不明金問題、及び、十九大夫氏の「文楽協会」からの解雇が掲載されているのを知る
     文楽第二部公演鑑賞

おそらく、十九大夫氏は、
24日で舞台をおりられたと思うので、
ヒヨコ船長一家は、
最後の一回前の舞台を、23日に拝見したんじゃ。

しかも、この日は、既にトラブルが「文楽協会」によって認知された後のはず。
このような状態で、
「どないな気持ちで舞台を勤めはったんか?」
と思えば、
ホンマに切なく苦しく、何とも言えん気持ちになってもうてのぅ~。

しかし、
この問題で「契約解除」「刑事告訴」っちゅう形を取り、
更に、
「(十九大夫氏にゃあ)浄瑠璃を語る資格がない」と、切って捨てた住大夫氏の姿勢にゃあ頭が下がったわい。

そもそも、文楽業界なんてのは、
構成員がそれほど多いとは思えん。
事実、現在大夫は総勢26人じゃそうな。
このように、人数が少ない上に、
師と弟子っちゅう関係で成り立っておるのじゃから、
内部の人間関係は、かなり濃密じゃと想像される。

住大夫氏と、十九大夫氏も、兄弟弟子のはずじゃし、
お二人とも、文楽のクライマックスシーンを語る事を許された、4人しかおらんっちゅう大夫の最高位の切り場語り。

親しく無いはずは無いよな~?

しかも、
十九大夫氏は、住大夫氏より年下とはいえ、70代後半。

そんな自分達に近しい大物をズバッと切って捨てる住大夫氏及び文楽協会って、
ホンマに潔いと思うんじゃ。

普通、小さな組織で人間関係が濃密になれば、
閉鎖的にもなるのが常。

それをそうせん、開かれたリベラルな組織にしておる事に、
ヒヨコ船長、グッと来た。

トツプに立つ人の意識が高ければ、
組織の意識も高うなるもんなんじゃな~。

こう言うては語弊が有るかもしれんが、
仲間同士で、都合の悪い事ぁ全て隠蔽しようとする、
一部のお役人や、一部の相撲協会、一部の政治家等々の方々には欠けておる姿勢じゃわい。

じゃが、こうした凛とした姿勢を貫く方々の心情を想像しても、
これ又、切なく泣けてくる~。

十九大夫氏が文楽協会から除名された、25日の千秋楽、
いつも通りイヤホンガイドを耳に文楽に見入っておったヒヨコ船長。

いつもなら、
切り場語りの大夫が登場すると、
「現在4人しか居ない、切り場語りの大夫の一人です」
っちゅう解説が、
「切り場語りの大夫の一人です」
っちゅう解説に変わっておって、
ホンマに寂しい気持ちになりましたわて・・・・・・。
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-26 23:47 | 観劇
今回、岡山・鳥取旅行した折りに購入したお土産人形は、
まず、鳥取は大山寺近くで、
天狗人形を~。

この天狗人形、
伯耆大山の主、神力持つ伯耆坊がモデルらしいじゃ。

しかも、山陰地方独特のたたら製法により鋳造されたものじゃと言うじゃから、
この場所ならではのお土産人形。

愛しい~♪

そして、
岡山では、
お約束の桃太郎人形~。

更に、後楽園では、
人形では無いのじゃが、
御庭焼(後楽園焼)の丹頂鶴も購入~。

御庭焼っちゅうのは、空山継政公が後楽園内に陶工を集めて焼かせたのを始まりとする焼物の名じゃ。
この窯は、園の北門に入る北側に設けられたらしく、
一旦廃窯になったものの明治の末から再興されておる。

後楽園では、
鶴も見た事じゃし、
その素朴な焼きが岡山に合っておる気がしての購入じゃ。
箸置きじゃが、置物としても可愛エエんじゃよ。

今回も納得の買い物に満足満足~♪


今日の懸賞当選品
北海道パティスリーサラ生プリン(JTBパブリッシング)
東京青山ランスケーキセット(JTBパブリッシング)
セブン&アイ共通商品券1000円分(イトーヨーカドー・エスパ・サントリーフーズ)
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-25 23:59 | 人形収集
第3日目

この日は、
岡山城と後楽園に~。

岡山城は、
眺める方向によって、
顔の変わる不思議なお城。

烏の濡れ羽色がかっちょエエ~お城じゃ。

おまけに、
丁度この日は、
天守閣で「緒方洪庵と周辺の人々」に関する特別陳列が有り、
洪庵ファンの夫、隠遁ライダーは大喜び♪

まさかこんな所で洪庵先生にお会いしようとは~。
得した気分じゃ(嬉)。

そして、岡山後楽園。

かつては、岡山藩主が、静養したり、賓客をもてなしたと言われておるこの庭園は、
さすが日本三名園の一つ。

期待を裏切らんわ~。

築庭当時から鶴が飼育されておるそうで、
一時は絶えたものの、
現在では再び美しい丹頂鶴が見られるぢょい。

ただ、
鶴の名前が・・・・・・。

クロじゃとか、キイロじゃとか・・・・・・。
なぜ?なぜダイレクトに色の名?

どうせなら、、叢雲じゃとか、山吹じゃとか、
古風な言い回しの方が良かったような気が・・・・・・。

それにしても、わしゃ、この名付けの由来が知りたいわいっ。

ところで、
以前、
岡山に縁の有る友人が、
「岡山でお見合いをすれば、相手が変わるだけで、行き先はかならず後楽園」
じゃと言っておったが、
やはりこの日も、スーツ姿の初々しいカップルがおられた。

確かに、
後楽園散策は、のどかで、
まったりとした気持ちにさせてくれるわい。

岡山では、どのカップルもが、一度は必ず訪れるデートスポットなんじゃろうか?
岡山では、後楽園の洗礼を受けるのがカップルの掟・・・・・・じゃとか?

こんなデートにピッタリな後楽園の有る岡山県。
昨日の鳥取県に続き、岡山県も偉大じゃわ~。
もしかしたら、少子化にストップをかける日本のエースが岡山県(後楽園)かも知れんのじゃもん。


それにしても、日本にゃあ、
「まだまだ見ておらんエエスポットが沢山有るのぅ~」
と、感動~。

今回の旅行も楽しくリフレッシュ出来、
大満足のヒヨコ船長一家。
最後の仕上げにに高島屋に立ち寄り、
岡山のお土産をドッサリ買い込み、
意気揚々と大阪に引き上げたのでありました~。
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-24 23:59 | 旅行
第2日目

半休をとった夫、隠遁ライダーと、
結婚記念日旅行に、
懸賞で当選したホテルにお泊まりしたヒヨコ船長。

1日目は、車で走りに走ってホテルに到着するのが精一杯じゃったもんじゃで、
この2日目からが、旅行の本番~。

そこで、
張り切ったヒヨコ船長、
この日は、朝早ように起きて、
一人露天風呂へ~。

さすがに、
朝は、従業員さんも入ってくる事無く、
山里の静かな露天風呂を独り占め~。

湯船からは、
昨夜は、暗うて見えんかった周辺の景色もよぅ見えて楽しい~♪

じゃが、
やっぱり外気温は低く、
なんぼお湯に浸かっておっても一歩踏み出すと、寒くてブルブル~!!

そこで昨夜同様、室内風呂に移動~。

ほっこり温まったところで部屋に帰り、
その後、食事をとる為、隠遁ライダーと供にホテル内のレストランに~。

レストランでは、
周囲の紅葉がよく見られる窓際に通され、
ホテル自慢の和食をいっただきま~す♪
と、テンションもアゲアゲのはずが、
数少ない偏食品がメニューに登場しており一挙にトーンダウン。

ヒヨコ船長のパワーを朝から奪いよってからに。
このっ、このっ芋粥め~(お粥が苦手なんじゃわ)。

と、ヒヨコ船長がひたすら芋粥と格闘している間、
隠遁ライダーは、
窓の外の山里の秋を堪能~の筈が、
これまた、
「うっわ~」
「ひょえ~」
と、嘆きの悲鳴を連発。

そう、そんな隠遁ライダーの視線の先に有ったものは、
昨夜、チェックしておったホテル正面の、自称(?)西日本一っちゅう露天風呂、砂湯。
ここには、「長寿の湯」「美人の湯」「子宝の湯」の三つの露天風呂が有り、
朝も早よから、
大盛況~!!

しかも、その入浴客(オッサンばかり)は、
惜しみもなく、どこもかしこも隠そうとはせぬスッポンポン~!!!

窓の外の、
山里の秋を楽しもうとすると、
嫌でも目に入るこのオッサン軍団のスッポンポン・・・・・・(汗)。

で、隠遁ライダー、
食事の間中ずっと、
「うわ~、丸出しや・・・・・・」
じゃとか、
「しっかし、この風景を見ながら朝食はキツイのぅ~」
等、一人ぶつぶつぶつぶつ。

ヒヨコ船長は、
のどかなエエ光景じゃと思うんじゃがな(凝視はしてませんってば 汗)。

こんな美味じゃったが、
景観としては、ハプニング付きの朝食を終えた後、
いよいよ紅葉狩りに出発~!!
その折り、
ホテルから、
「どうぞお土産です~」
と、手渡された意外な物、
それは、ゆで卵と、ホテルの玄関先で焼いたばかりのかき餅~!!

ヒヨコ船長、旅のお供にゆで卵なんか頂いたのは初めてじゃよ。
昭和30年代以前の香りがする~。

しかも、このゆで卵っちゅう奴ぁ、
なかなか自己主張の激しい奴でのぅ。

車で揺られておる間に、
ひび割れる事、数カ所、
結果、車内は、ゆで卵臭で充満~。

いや~、どうしてなかなか・・・・・・(汗)。
強烈なインパクトを残した土産であったじゃ・・・・・・。

じゃが、
宿泊先の人々の、手間を厭わぬもてなしが嬉しく無いはずはなく、
感謝、感謝~で、
ゆで卵臭と供に、
蒜山大山スカイラインをドライブするヒヨコ船長一家。

ここでのドライブは、
開けた視界も、
優しい色に紅葉した山も、
吹き渡る風も、
何もかもが、気持ちエエ~。

心身共に絶好調で、
蒜山、大山、烏ヶ山の眺望が素晴らしいと言われておる鬼女台に~。

そこでは、
ただただ、感動~~~~~!!!!!

ここからは、
周囲をぐるりと取り囲む山々の紅葉が見渡せるのじゃが、
その紅葉の見事な事。

ここでの紅葉の色づきは、
目に鮮やかな、覚めるようなものではなく、
目に優しく、空とも地とも調和しておるものなんじゃ。

こんな光景を描こうとするならば、
持ちうるのは、パステルの色鉛筆じゃろうな~。

やっぱり神仏の創造するものってのは、
人間の想像を遙かに超えて心を打つわい。

いやいや、
分かってはおったつもりじゃが、
改めて参りましたわい。

等と、心に感じ、
山陰の秋を満喫しつつ、
食べるジャージー牛乳ソフトクリームのウマい事と言ったら~◎

うぅ~ん、鳥取県、偉大なり~!!!

その後は、
桝水高原でまったりしたり、
隠遁ライダーが、中学校時代、林間学校で来たっちゅうホテルを探し当てたり、
大山付近をのんびり楽しんだのじゃが、
最後に、
ヒヨコ船長が熱望しておった、山岳信仰の聖地、大山寺へ~。

実は、
ヒヨコ船長、この大山寺にゃあ、
以前、2度程お参りした事が有るのじゃ。

そのいづれも、
高校時代の野外スクーリングでなのじゃが、
往時の印象は、
「大山寺=牛の像の有るお寺」
「大山寺=遠いので2度と来る事の無いお寺」
じゃったように思う。

その内、
「大山寺=牛の像の有るお寺」っちゅう印象に関しては、
正しい記憶じゃったのでは有るが、
新たに衝撃の事実も発覚~!!!

何と、何と、
この牛の像は、
屠殺された牛の、不要になった鼻ぐりを集めて鋳造した物らしいのじゃ~。

つまりドナドナの像・・・・・・。

しかも、
この像に関しては、
なぜか、
「この像に触れながら、一つだけ願えば、その願いは叶う」と掲示されておる。

人間の為に死んで行き、
死んでも尚、人間の心願を叶える牛さん・・・・・・。

何じゃか、とても切ない気持ちになって、
像を撫でながら、
「人間の為に死んでしまった全ての動物たちが阿弥陀様のお側で、今は幸せに暮らしておりますように~」
と、お願いしたヒヨコ船長であったじゃ。

そして、
もう一つの印象、
「大山寺=遠いので2度と来る事の無いお寺」に関しては、
やはり、今回も同じ事を思ったじゃ~。

「もう、今度こそ来られへんじゃろ」
と。

じゃが、
縁とは不思議なものじゃのぅ~。

すぐ近くに有りながら、
一度も訪れる事無い場所が有るかと思えば、
遠く離れておりながら、
何度も訪れる場所有り。

この大山寺は明らかに後者。

ヒヨコ船長、
確かに、今回も、
「もう、今度こそ来られへんじゃろ」
と、思った。

じゃが、そう思いつつ、
どうやら又訪れる事になりそうじゃ。

ここまで来ておきながら、
ヒヨコ船長のコレクションの一つ、
寺社仏閣の資料を購入し忘れたのじゃ~~~(涙)。

勿論、そんな物ぁ、
大山寺で販売しておるかどうか等分からん。

が、
可能性が有る限り、
ヒヨコ船長は、再度訪れるので有る~(断言)!!

この後は、
岡山市内まで戻り、
宿泊するホテルに入ったのじゃが、
夕食にゃあ、まだ早いっちゅう事で、
隠遁ライダー、
ヒヨコ船長の趣味にしておる懸賞の情報収集の為に、
岡山のスーパーマーケット巡りをしてくれたじゃ~。

そりゃあ、
ヒヨコ船長、
懸賞も趣味の一つじゃが、
旅行に来て迄、
懸賞応募にこだわった事は無かったので、
隠遁ライダーの突然の申し入れにビックリ~!!

でも嬉しい~♪

旅行中、
無理をしてまで、
懸賞に時間を費やしたくは無いのじゃが、
こんな時間潰しなら大歓迎~。

これが実を結べばもっと幸せなんじゃけど♪

十二分に鳥取、岡山を満喫しつつ、
この日はホクホクと泥のように就寝したヒヨコ船長であった~。


今日の懸賞当選品
イオン商品券1000円分(イオングループ)
ウエルシア・ストアーズ商品券500円分(イオン・ウエルシア・ストアーズ)
グレイスソフィーナ新ファンデーション・トライアルセット(花王)
グレイスソフィーナ新ファンデーション・トライアルセット(花王)
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-21 23:44 | 旅行
今日の懸賞当選品
ごっつお便20000円分(イトーヨーカドー・丸大・エスパ・明治乳業・森永乳業・ダノン・メグミルク・グリコ乳業・雪印乳業・小岩井乳業)
お菓子の詰め合わせ(平和堂・三幸製菓・ブルボン・不二家・ネスレコンフェクショナリー)
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-17 18:53 | 懸賞
今日の懸賞当選品
現金5000円(エステー化学)
鶴瓶のらくだ(大阪松竹座公演)(ライフ・伊藤園)
文楽の夕べ(日本経済新聞社)
[PR]
# by hiyokosencho | 2007-11-16 21:15 | 懸賞