だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー

<   2006年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今日、夫、隠遁ライダーは、ゴルフにお出掛け~。

しかし、
「プレー終了後、奈良県の新大宮で落ち合おう~」
と言う。

そのココロは?

どうやら、ヒヨコ船長の、
懸賞情報収集に協力の申し入れ。

懸賞情報探しにエッチラホイ。
「奈良県内の、スーパーマーケット巡りをするぢょ」
と言う。

ホッホォ~、
殊勝な事じゃのぅ、隠遁ライダー。

しかし、今回のは、懸賞情報の為のスーパーマーケット巡りとは言わん。
ヒヨコ船長一人にお留守番をさせて、やれ自転車じゃ、やれゴルフじゃと、遊びまわっておる隠遁ライダー君、キミの懺悔の為の巡礼の旅なのじゃよ。

まぁ、しゃ~ない。
ヒヨコ船長も、付き合ってやるとするか~(態度デカッ)。

こうして、数件のスーパーを巡り、大満足のヒヨコ船長。

〆は勿論、二人で指圧~。

こんな、お留守番特権が有るなら、
隠遁ライダー、毎週、ゴルフに行ってもエエぢょ~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-10 23:59 | 懸賞

気迫の使いどころ

今日は、夫、隠遁ライダーが珍しく早くに帰宅~。

「食事までに、マッサージに行こう」
と、車を出したので、
ついては行ったが、
ヒヨコ船長は、隠遁ライダーが、マッサージをしてもらっている間、懸賞情報を求めて、その付近のスーパーマーケットに~。

日頃は、ウスラボケ~としておるヒヨコ船長じゃが、
一歩、スーパーマーケットに入ると、その瞳は、獲物を求める狩人にヘ~ンシンッ!!
ギラギラランラン!!

スーパーマーケット内を隈無く歩き、
一つの情報さえ見逃すまじと、恐るべき嗅覚で、応募葉書を見つけてはちぎるヒヨコ船長。

この時ばかりは、凄まじいまでの気迫に満ちておるはず。

アァ~、もっと、違うシーンでこれだけの気迫が出せれば、ヒヨコ船長、全く別の人生が有ったはずなのに~。
ヒヨコ船長のバカバカ~!
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-09 02:04 | 日常生活
今日は、お昼過ぎから、一人、マッサージに出かけたのじゃが、
診察ベットに誘導され、俯せになってから、先生が来る迄の間、
長かった~。

んで、ついついウツラウツラ~と・・・・・・、
そのうち本気で爆睡してしもうたヒヨコ船長。

ようやく目覚めたのは、
「今日は、どこが主に辛いですか?」
と、やって来た先生に声をかけられてから~。

起きて、咄嗟に考えた事は、
俯せに寝ていただけに、
「ヨダレは、大丈夫か~?」
その一点。

「えっと・・・・・・、今日は、腕が痛くて~」
等と、会話しながら、しきりに掌で口のまわりをフキフキ。

とても、大人のオナゴのする事では・・・・・・。

しかも、メイクをしっかりしていただけに、
悲惨さは増しただけのような~。

アァ~、
どこでも眠られる体質の自分が憎い~!!
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-08 23:59 | 日常生活

悩ましき旅行計画

ハァァ~、どうしよう~。

ヒヨコ船長一家、夏休み旅行の行き先がまだ決まらんじゃ。

いや、正確には、決まってはボツ、決まってはボツの繰り返し~。

初めに決定したのは、インドネシアのバリ島じゃった。
しかし、これは、ジャカルタの大震災で、
「取り止めた方がエエじゃろう」
と、判断。

次に決定したのが、国内、東北一周。
ところが、8月初旬のお祭りの時期は、既に希望のホテルが押さえられず、
「どうせなら、お祭りシーズンに行きたい~」
との、夫、隠遁ライダーの意向で取り止め。

その後も、ネパールや、ベトナム等があがったのじゃが、
ネパールは、国内ナンバーワンホテルが押さえられており、
ベトナムは、治安が今ひとつ分からず断念。

そして、現在、熟考中で有るのが、
タイ&台湾~。

タイは、3度訪れておるのじゃが、
バンコクのオリエンタルホテルは、リゾートに最高~♪

バンコクオリエンタルは、三島由紀夫もステイしておった歴史有るホテルで、
毎年、欧米人の「お気に入りホテルランキング」でも上位に入っておるのじゃ。

ただ難点が有るとすれば、
タイのような階級制のはっきりとした国の、トップホテルで働く人々っちゅうのは、
身なりも、物腰も、英語も、
かなりの教育を受けておる方ばかりのようで、その何もかもが、大変美し~じゃ。

当然、そのレベルは、ホテルゲストにも求められ、
英語力の無い人間には、かえって居心地が悪いかもしれん~。

英語力の無い人間、つまり、ヒヨコ船長、
海外では、そして特にバンコクオリエンタルでは、
英語が話せて、押し出しも強い夫、隠遁ライダーの後ろを金魚のフンの如くウロウロ~ウロウロ~。

海外でのヒヨコ船長は、国内でのヒヨコ船長以上の役立たず・・・・・・。

でも、バンコクオリエンタルは、本当にエエホテルなので、
ヒヨコ船長、アジアではお薦めホテルの一つじゃよ。

行きたいのぅ~。

一方、台湾は、未踏の地。

既に、足を踏み入れておる隠遁ライダーによれば、
「大阪と変わらん」
らしいが、
ヒヨコ船長、台湾では、故宮のお宝を見たいのじゃ~。

中国の北京で、故宮に行った折り、
「お宝のほとんどは、台湾に持ち出された」
と聞いて、
一度は、行ってみたかったんじゃよ~。

しかし、8月迄は後少し。

こんな調子で、ホンマに行けるんかいな~?
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-07 23:59 | 日常生活

「チーちく」失踪事件

最近、ヒヨコ船長一家では、不思議な現象が起こる。

これについては、常々、世に広く問いたいと考えておったので、
ブログに記す事とする。

皆の衆、「チーちく」は、ご存知であろうか?

紀文の商品、「チーちく」。
それは、ちくわにチーズを巻き込んだ軽食。

チーズとちくわで、「チーちく」。
何とも、大胆不敵なダイレクト命名である事よ。

命名のダイレクトさでは、皇帝とも言える小林製薬に一歩もひけをとらんこの商品、
実は、ヒヨコ船長一家ではよく購入するじゃ。
(余談じゃが、
ヒヨコ船長は、小林製薬のダイレクト命名には、学生時代から、衝撃と共に、注目しておった。
例を挙げると、
「トイレその後に」「メガネクリーナふきふき」「エアコンのホコリ集めてポイ」「ミミクリン」「熱さまシート」等。
便秘薬「ツージーQ」、整腸剤「ガスピタン」っちゅうのも、どうかと思う・・・・・・。
ヒヨコ船長は、小林製薬から、新製品が発売される度に、そのネーミングを楽しみにしているのである~)

特に、現在は、
この「チーちく」のバーコードで、ビールの当選するキャンペーンが行われておる為、ヒヨコ船長一家では、「チーちく」消費月間に突入~。
しかし、この「チーちく」、
恐ろしいことに、購入しても、購入しても、何時の間にやら冷蔵庫から消失するのじゃ~。

ここで、安楽椅子探偵ヒヨコ船長登場(面倒臭いから、安楽椅子から、絶対に立ち上がらん探偵じゃ)。

「チーちく」失踪事件の謎を追えっ!

では、少々、推理に役立つヒントを記すとしよう。

1 事件の語り手(ヒヨコ船長)が、真犯人だったというオチは無し
2 ヒヨコ船長一家は、ヒヨコ船長と、夫、隠遁ライダーの二人暮らし
3 しばらく来客は無し
4 隠遁ライダーは、「チーちく」が大好き

容疑者、その一、隠遁ライダーの供述。
「犯人は、ワシではありません」

隠遁ライダーの事件推理。
1 カエルが食べた(しかし、ヒヨコ船長一家、カエルは飼育しておらず)
2 冷蔵庫税として、冷蔵庫が、必要なタックス分を搾取した(そんな税金、聞いた事も無い)
3 「チーちく」本人による、覚悟の失踪(もし、現実にこんな事が起こったのならば、「TVのチカラ」に捜索依頼してやるっ!)

っちゅう事で、
さぁ、犯人は誰?

ウゥ~ン、謎は深まるばかりじゃ(ホンマかっ!?)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-06 23:59 | 日常生活

不思議味チョコレート

今日は、イズミヤ・ユニチャームのタイアップ懸賞で、
テオブロマのチョコレートが当選品として届いたじゃ。

テオブロマ・・・・・・、
懸賞応募用紙にはこんなコメントが載っておった。

「チョコレートの魔術師、土屋公二シェフの店。本物のチョコレートの味を追求するショコラティエ」

ウ~ン、魔術師の作ったチョコレートかぁ。
それは、楽しみじゃのぅ。

と、言うわけで、チョコレート大好きヒヨコ船長&夫、隠遁ライダー、
夕食後、お茶などを飲みながら、
嬉々として、そのチョコをハムハム。

「ウゥ?」

変な・・・・・・、
いや、いやいや、面白い・・・・・・、
ウゥ~、そうではなくて・・・・・・、
アッ!そう!興味深い、実に興味深いお味で有った~。

だって~、
唐辛子味のチョコレートに、胡椒味のチョコレート・・・・・・。

買ってまで、食べ無いし・・・・・・。
やっぱり、ヒヨコ船長は、ミルク味が好き~。

ただ、これらのチョコレート、決して、不味くは無いじゃよ。
むしろ、美味。
チョコレートと、
唐辛子や、胡椒、バジル等との調和は絶妙~。

でも、やっぱり、買ってまで食べ無いし・・・・・・。

変・・・・・・、いや、興味深いお味で有ったじゃ~。


今日の懸賞当選品
テオブロマのチョコレート(イズミヤ・ユニチャーム)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-05 23:59 | 日常生活
今日、夫、隠遁ライダーは、朝からゴルフじゃったのじゃが、
夕刻、帰宅してからは、ヒヨコ船長の懸賞情報収集の為のスーパーマーケット巡りに付き合ってくれたじゃ。

隠遁ライダーが、車でスーパーマーケット巡りをしてくれると、
普段、ヒヨコ船長のマシン(ママチャリ)では行けない、
オークワや、ジャスコ等にも行けて感激~!

当選品を呼び込むためには、
ネットで有ろうと、足で有ろうと、
マメな情報収集が不可欠。

面倒くさがり屋で、努力の嫌いなヒヨコ船長には、なかなか厳しい条件なんじゃけれど、
何とか、情報を収集できておるのも、隠遁ライダーのお陰かも知れぬ。

隠遁ライダーこそ、まさに、
スーパーマーケット巡りに欠かせぬアイテムじゃ~。

よっしゃ!
この恩返しに、エエモノ、沢山当てちゃるからな~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-04 23:59 | 日常生活
今日は、母、ランさんと、大阪新歌舞伎座に、「妻をめとらば ー晶子と鉄幹ー」を見に行ってきたじゃ。

主演の与謝野晶子は、藤山直美氏で、
夫役の鉄幹が、香川照之氏。

ヒヨコ船長、実は、香川照之氏のファンで、見に行ってきたのじゃが、
観劇に来ておる人々の平均年齢は、60歳を越えておったのぅ~。

客席は、年金成金のおじいちゃん、おばぁちゃんで満席じゃ~。

内容は、鉄幹、晶子夫妻が、文壇で成功を収め、沢山の門弟に囲まれておるところからスタート。
この始まり部分からその兆しは有ったのじゃが、
その後、妻晶子が、韻文学以外でも、「源氏物語」の現代語訳等で、
ドンドン文壇での地位を不動のものにするのに比して、
夫、鉄幹は、斜陽の一途~。

そんな夫婦の関係を軸に、
大逆事件や、
門人、北原白秋の処女詩集「邪宗門」の出版と、姦通事件、
また、門人、石川啄木の貧困と、死等を絡めて構成されておった。

藤山氏も、香川氏も、達者な役者さんには違いないのじゃが、
正直、ヒヨコ船長の考える鉄幹、晶子のイメージとはかけ離れておった・・・・・・。

ヒヨコ船長、明治、しかも、韻文学は専攻したワケではないのじゃが、
それでも、雑誌「明星」を主催した与謝野鉄幹と、「明星」に投稿をしておった門人達ネタなら5時間位ならぶっ通しで喋られると思う。

そこで、幕間に、ランさんに、
「北原白秋は、性病の巣窟みたいな体だったらしいぢょ」
とか、
「石川啄木の奥さんも、啄木の生活への無理解に耐えかねて家出した事があるのじゃ」
とか、
「鉄幹の前妻さんは、その後、年下の、後に高名な英文学者になる人と再婚しておる」
とか、
「与謝野家の子供達は、晶子が略奪婚しておる事に神経質で、やたら、それを書いたモノを出版する人に対し、訴えを起こしておるのじゃ」
とか、
「現金融担当大臣の与謝野馨氏は、鉄幹の孫に当たるようじゃ」
等、どうでもエエこぼれ話を披露。

ヒヨコ船長こぼれ話に文学の香りはゼロ。

スキャンダル週刊誌のレベルじゃ~!

しかしながら、ヒヨコ船長、
与謝野晶子の「みだれ髪」を初めて読んだときは衝撃だったじゃ。

好みから言うと、歌では、
「明星」を中心とする浪漫派歌人に相反する、写実主義の正岡子規のファンであるヒヨコ船長。

それでも、
「晶子はスゴイ~!」
と、思ったもん~!

ちゅう訳で、今、「みだれ髪」を読み直しておるじゃ。

久し振りに、文学オタクガエリしてみよっかのぅ~。


今日の懸賞当選品
吉本新喜劇招待引換券(イズミヤ・グリコ)
ロリエエフトライアルキット(花王)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-03 23:59 | 日常生活
今日は、先日、カゴメの懸賞で当選した特別トマト(凛々子)の苗の生育具合をチェックしに実家へ~。

母、ランさん、この凛々子嬢を預かるに当たって、
「えぇ~、トマト~?トマトは、虫がつくんじゃよな~。迷惑ぢょ~」
なんて、言っておったが、
元気に育てて貰っておる様子。

「うんうん、元気に育っておるな。よしよし」

安堵したのもつかの間、
庭から、部屋に戻ると、
ランさんの机上から、
エライモノが次々と~。

まず、ヒヨコ船長が、凛々子嬢を預けるに当たって、共に送った「凛々子嬢の育て方テキスト」(←カゴメのホームページ上に掲載されておるモノ)。

それには、表紙がつけられており、
ランさんの手による、
『迷惑トマトの凛々子ちゃの育て方』の表題が~!

ヒエ~ッ!!

そして、次に、凛々子嬢と共に、カゴメから送られてきた「トマてるぼうず絵日記」(←凛々子嬢の観察日記じゃ)も発見~!!

ページをめくると、
観察日記、
モ・ト・イ、
衝撃の愚痴日記が~!

つまり、こんな感じじゃ。

〈5月○日
本日、ヒヨコ船長宅より凛々子ちゃん4株来たる。
4株は多い。
せめて、2株なら良いのに、植える場所を空けなくてはならない。
凛々子ちゃんを育てる事、嬉しさ半分、迷惑半分。

2株を直植えに、2株を植木鉢に植える事とする。
植木鉢は、10号サイズのモノが必要らしい。
園芸店に買いに行き、フゥ~フゥ~言いながら持ち帰る。
重いっ!
鉢に合わせて、土も、沢山購入し、持ち帰らねばならぬ。
やっぱり重いっ!
ハァ~、シンド~!!〉

毎日、飽きもせず、
ランさんの愚痴日記は続く~。

ヒョエ~!!

凛々子嬢~!!
邪険にされても負けるな~!

売る程、実をつけて見返してやれ~!

直植え出来ないからと、
早々に、実家に、里子に出した本人、ヒヨコ船長が言うのも何じゃが・・・・・・。

凛々子嬢、ゴメンチャイ~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-02 22:59 | 日常生活
今日から、六月~。
嬉しいじゃ。

六月は、ヒヨコ船長のお誕生月。

何か良いこと有りそうじゃ~。

以前、占星術の怪しげな書籍で読んだのじゃが、
人は、誕生日に近づけば近づく程、星から与えられるパワーが強くなり、
誕生日には、365日中最高のパワーを得るらしいじゃ。

そう言えば、懸賞を嗜んでおる人々の間でも、
「誕生月は、当選品が多い~」
と言う、都市伝説がまことしやかに流布されておる(元は風水かもしれんが?)。

何の根拠も、証拠もないが、
何かエエ事、起こりそうな気がせん?
お誕生月~♪

そうそう、誕生日と言やぁ、プレゼントじゃな。
昨年は、夫、隠遁ライダーから、
年の数だけのバラの花束と、他にも、懸賞応募用の葉書を貰ったもんじゃで、
今年も、そろそろプレッシャーをかけておくとするかのぅ。
ウッヒヒヒヒ・・・・・・。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-01 20:44 | 日常生活