だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー

<   2006年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

夫、隠遁ライダーが、ゴールデンウイーク中、お休みじゃったように、
大抵の企業も、その間は、お休み~。

それはつまり、懸賞の当選品発送が、中断されるっちゅう事で、
お届け物の発送再会を、待ちに待っておったヒヨコ船長。

そして、今日は、久々のお届け物(当選品)とのご対面じゃ~。

大粒丹波しめじの発売1周年記念キャンペーンで、
「ごちそう食材」カタログがご来訪~。

お肉や、かに、本まぐろ、鯛等の中から、一つ選択して届けて貰えるのじゃ。

ン~、どれにしようかのぅ~。
おそらく、隠遁ライダーの好みで、お肉になるじゃろうが、
ステーキ肉も、すきやき・しゃぶしゃぶ肉も、焼肉・すき焼き肉も、
とのコースも、分量は1kgも有るぢょい~。
幸せじゃ~。

まさに、しめじ地獄を乗り切った甲斐が有ったと言うものじゃ。

なんせ、この懸賞、
応募する為に、しめじ12パック分を購入せねばならんかったのじゃが、
家族構成数の少ないヒヨコ船長は、
しめじの消費に大苦労~。

おかげで、しめじ料理のレパートリーが増えたじゃよ。

途中で、収集しておったしめじのパッケージを紛失して、
更に、しめじを購入せねばならんようになったりもしたり・・・・・・。

今回の懸賞は、苦労しただけに嬉しい~!!

けれど、さすがに、
同時期にキャンペーンを打っておった、ホクトのきのこを購入して応募する懸賞に迄は、手が回らんかったわい。
まっ、当然じゃな。

そこ迄、触手を伸ばしておっては、きのこにトラウマになりそうじゃ~。


今日の懸賞当選品
しめじにピッタリ「ごちそう食材」(タカラバイオ)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-11 23:59 | 懸賞
今日、ヒヨコ船長は、近所の郵便局に、
懸賞で使用する葉書を買いに行ったじゃ。

いつもなら、100枚、200枚と、まとめ買いをするヒヨコ船長。

が、今月は、お小遣いがピ~ンチ!

てな訳で、
可愛く20枚だけ購入する事に。

いつもの窓口のオバチャンに、
「官製葉書20枚下さい」
と、お願いすると、
「はい」
と、言って、オバチャンが出してきた葉書は、120枚~。

オバチャン~、
チャント、20枚と聞こえていたはずなのに、
お得意様ヒヨコ船長の顔を見た途端、
「ありゃ?ヒヨコ船長さんが20枚~?あり得な~い。こりゃ、120枚を聞き損なったに違いないわい」
と、勝手に、脳が判断を下したな~。

恐るべし、葉書商人の条件反射。

ヒヨコ船長だって、たまには、少量の葉書を購入する事だって有るぢょ~。
そして、葉書購入以外で、郵便局を訪れる事も・・・・・・。

だから、どうか、
ヒヨコ船長が、局内に入った途端、慌てて、すっ転びながら、葉書販売窓口に行くのは止めて下され・・・・・・。
その姿を拝見しながら、預貯金窓口に行くのは、気がひけるんぢょ~(汗)。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-10 23:59 | 懸賞
今日は、ヒヨコ船長の兄弟から、電話で、
「烏骨鶏の卵で出来たカステラが有るから、遊びに来い」
とのお誘いが・・・・・・。

その折り、
「連休中、どうして過ごしていた?」
と、聞かれたので、
「ウ~ン、寺社仏閣をチョロっとまわって、後は、洗濯ばっかの日を過ごしたぢょ。そっちは~?」
と、聞き返すと、
「今回の連休は、普段したことの無い事をして過ごしてみよう~と、夫婦で決めて、一日は、漫画喫茶に行ってきた~」
等と言うではないかっ!!

漫画喫茶~?

そりゃあ、ヒヨコ船長の兄弟にとっても、ヒヨコ船長にとっても、未知の分野じゃ。

そこで興味津々ヒヨコ船長、
漫画喫茶開拓の感想を聞いてみた。

すると、店員さんは、普通のオバチャンじゃったらしいのじゃが、
利用客は、何となくオタクっぽかったそうな(コスプレマニア臭がしたそうな)・・・・・・。

ヒヨコ船長とて、所謂サブカルチャーでは無いものの、
寺社仏閣オタク。

周囲に、漫画オタク、アニメオタクはおらんが、
そういうオタクと遭遇しても驚きはせんわっ。

しかし~、
驚いたのは、
彼らが、各々皆一人で来店しておったと言う事。

店内の雰囲気は、図書館のように、物音一つ無く、
深閑としておったらしい・・・・・・。

え~っ!
漫画喫茶ってそんなところ~?

ヒヨコ船長の想像と大きくかけ離れておるのぅ~。

ヒヨコ船長は、
もっと、和気藹々と、
「のぅ~、見て見て、この漫画~」
等と、サークル活動っぽいノリで、漫画喫茶に人が集まっておるのじゃと思っておった。

お集まりの皆さん、本気で読書しに来ておるのじゃな~。

しかも、会員制かと思っておったのじゃが、これも違うようで・・・・・・。

世の中には、ヒヨコ船長の知らない世界が、まだまだ有るのぅ~。

今度、行く機会が有ったら、是非ともレポートしてみたいものじゃて。

漫画喫茶・・・・・・、
喫茶店なのに、同行者とお喋りしたら怒られるんじゃろうか?

ウ~ン、行くときは、もう少し、ルールから研究しなくては~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-09 23:59 | 日常生活

次のお楽しみ

やっと、連休が明けたばかりで何なのじゃが、
ヒヨコ船長は、夏期旅行のプランで頭が一杯。

やはり、先にお楽しみを作っておかんと、やる気も出んのでのぅ。

ヒヨコ船長一家では、今年は、4年ぶりの夏期休暇。

はてさて、どこに行ったものかのぅ。

ヒヨコ船長の希望は、
国内なら、沖縄。
国外なら、バリorタイ。

とにかくゆっくり出来る場所がエエ~。

タイは、チョクチョク行っておるが、
沖縄は学生時代以来~。
バリは、未踏の地なのじゃが、これまた楽しそう~。

う~ん、どこも捨てがたいのぅ。

とにかく、目的地に着いたら、ゴロゴロして、読書して、美味しいモノを食べて、お昼寝して・・・・・・。
こんな怠惰な生活をエンドレスに~。

・・・・・・ありぃ?
これって、旅に出なくとも、今の生活と変わらな~い?
う~ん、おかしいのぅ~?
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-08 23:59 | 日常生活

連休最終日

9連休の最終日、
夫、隠遁ライダーは、完全なる「サザエさん」シンドローム~。

皆の衆は、「サザエさん」シンドロームなるモノをご存知じゃろうか?

明日から仕事や学校が始まるという日曜日の夜。
テレビで「サザエさん」を見ながら鬱々とした気持ちになる事を言うらしいじゃ。

そう、楽しいはずのファミリーアニメ「サザエさん」。
しかし、この番組を一旦、目にしたが最後、
「あっ、もう日曜日もこんな時間?明日、仕事(もしくは学校)に行くまで、僅かな時間しか残されておらんでは無いか~、ウギョギョギョ~!!!」
と、鬱状態になる事じゃ。

さてさて、皆の衆も、こんなご経験は無いかのぅ?

ヒヨコ船長一家では、「サザエさん」は見ておらんので、
正確には「サザエさん」シンドロームとは言わんと思うが(「大河ドラマ」シンドロームか?)、
隠遁ライダー、休日最後の日は、必ずこの状態。

えっ?
ヒヨコ船長は、「サザエさん」シンドロームに冒されないのかと?

フッフッフッ・・・・・・。
一年365連休のヒヨコ船長に、「サザエさん」ーシンドロームは無しっ!!
今日も一日、絶好調ぢょい♪
ワッハッハッ!
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-07 23:59 | 日常生活
今日は、夫、隠遁ライダーと、奈良に行って来たじゃ。

目的は、春日大社の砂ずりの藤、
及び、春日大社神苑の藤の花鑑賞~。

これは、ヒヨコ船長一家の毎年の恒例行事。

ヒヨコ船長は、藤の花が大好きなのじゃ。

本来なら、五日に出かけ、
春日大社でご祈祷済みの、菖蒲と蓬のセットも購入し、
帰宅してから、菖蒲湯、蓬湯を頂き、厄払いするのがヒヨコ船長一家流なのじゃが、
今年は、五日に体調を崩し、春日大社に参詣出来んかったのじゃ。

古来より、菖蒲や、蓬は、魔を払うと言うじゃろ?
ヒヨコ船長は、そう言った行事をとても大切にしておるじゃ。

しかし、最近とった、病院のデーターによると、
ヒヨコ船長、何とっ!
ヒドイ蓬アレルギーで有る事が発覚。

ちゅう事は何かい?
ワシは、「魔」かっ!!

等と、ひとツッコミは済ませておいて、
この春日大社参詣道の途中には、
興福寺が有るのじゃが、
今回は、いつもは締め切っておられる興福寺北円堂が解放されておった。

よく見れば、
6日迄の限定で、北円堂の内部公開がなされておるらしい。

おお~っ!!
内部には、確か、国宝仏の数々が~。

これを拝観せずして、帰宅しては、
仏教マニアの名折れ。

こんなチャンス、滅多に無いぢょい。

ヒヨコ船長、隠遁ライダーを引きずり、
北円堂へ。

んっもぉ~~~!!
そこはパラダイス~。
いや、兜率天~(弥勒菩薩の現在修行しておられる山ね)!!

たっ、魂が、持って行かれる~。

国宝の「弥勒如来像」「無著菩薩像」「世親菩薩像」は、
さすが運慶っ!!

エェ~イ、ヒヨコ船長の魂如き、持ってけドロボー!!
の感に満ち溢れた空間。

あぁ~、幸せじゃ~。

そして、同時に、
拝観したい時に、拝観出来ない不幸感も~。

ヒヨコ船長、この日一日、妙なハイテンション~。

「あの人にさえ会わなければ・・・・・・、あの人の事をこんなにも愛さなければ・・・・・・、こんなに辛い別れに身を裂かれる事も無かっただろうに・・・・・・」

世によくおりそうな、こんなご婦人の気持ち、身につまされて体感ヒヨコ船長~。

しかし、何で相手が仏像なんだか・・・・・・(汗)。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-06 23:59 | 寺社巡り

お土産人形騒動記2

四国旅行から、帰宅する、夫、隠遁ライダーの手には、
ヒヨコ船長へのお土産人形が・・・・・・。

お土産人形コレクターのヒヨコ船長、
嬉しいはずが、何故か胸に一抹の不安が~。

な・・・・・・、何なのじゃ~?
この不安は・・・・・・?

自分でも、理解に苦しむ不安の正体。

一体、それは・・・・・・?

何とか、この不安の正体を探ろうと、
「隠遁ライダー」「お土産人形」「四国」をキーワードに、
猛烈に、脳内検索を始めたヒヨコ船長。

結果。

一つは、
「隠遁ライダーのお土産人形を選ぶ際のアバンギャルドな趣味」
じゃと言う事に気付くのじゃが、
それがわかっても、まだ拭えぬ不安感。

そう、よく考えりゃあ、ヒヨコ船長、
お土産人形を選ぶ一番の基準は、どれだけその地方の特色が出でおるかに尽きるのじゃ。
少々、チープな作りじゃろうが、気持ち悪かろうが、
そんな事ぁ、コレクション審査に引っかかりはせんわっ!
どんな人形でも、
その地域でしか入手出来んモノなら、有り難く、コレクション入り~。

ンン~?
いや、チョット待てよ。

その地域でしか入手出来ん、もしくは、その地域で購入しなければ、意味が無い人形と知りながら、
以前、購入せんかった人形が有ったぢょ・・・・・・?

えぇ~っと、
あれは、確か、金刀比羅宮の麓。

悩みに悩んだ挙げ句、どうしても購入出来んかった人形が1体・・・・・・。

見る見るうちに蘇ったヒヨコ船長の記憶。

確か、その人形の由来が、あまりに悲しすぎて、購入できんかったのじゃ。

主君の身代わりとなって、亡くなった少女をモデルに、
彼女の忠心を讃え人形にしたと言う事じゃったが・・・・・・。

ん?
以前、購入を諦めた人形を見つけたのも四国。
現在、隠遁ライダーがおるのも四国。

もしや、似たような由来の人形をお土産に選んだ訳では有るまいな~?

ヒヨコ船長、再度、慌てて、隠遁ライダーにメールを送信。
「以前、四国で、主君の身代わりとなって亡くなった女の子をモデルとした人形を見かけたのじゃが、まさか、その人形も、似たような、エピソードを持ってはおらんじゃろな?」

隠遁ライダーからの返信。
「それは無い」

このメールのやりとりを経て、すっかり安心したヒヨコ船長。
隠遁ライダーの帰宅を待ちわびて、
いざ、お土産人形と御タイメ~ンッ!!

「!!」

次に、
無言のまま、人形の入った箱から由来書きを取り出して読み出すヒヨコ船長。

「!!!!!」

ヒヨコ船長が、先程書いた、
少女の人形と似た由来の人形では無かったじゃ。

似ておるのではなくて、
スバリそのもの!!!

由来書によると、
「さぬき生駒時代(1587~1640)、姫君が重い病に罹り、その病を治す為に、姫君お側仕えのマキと言う童女に、姫君の病を移し、遠い島に流しました。この島で彼女は一人亡くなり、人々は、彼女を『奉公さん』と言って、褒め称え、それを元にこの人形『奉公さん』が作られました」
ちゅうような事らしいじゃ。

しかも、この人形は、身代わりになった童女がモデルと言うところから、
子供の身代わり厄よけに使われたらしく、
子供が病気をすると、一旦子供に抱かせ、海に流したそうじゃ。

ヒヨコ船長       「・・・・・・」
隠遁ライダー     「・・・・・・」

固まる二人~。

ヒヨコ船長は、既に涙ポロポロで、
隠遁ライダーは、立場オロオロ。

何とも、悲しい逸話を持つ人形ではないかっ!!

ヒヨコ船長、この人形を見る度に悲しい気分に襲われそうじゃ・・・・・・。

落ち込むヒヨコ船長。
しかしながら、ヒヨコ船長一家に来たのも何かの縁。

少しでも、この人形に関して明るい情報は無いものかと調べてみると、
有った、有った~。

「奉公さん」は、
結婚式の引き出物にされるらしいじゃ(おぉ~、お目出度い席に参加ぢょい)。

しかも、高松張り子の中では、
一番著名で、
以前は、売り上げも一位じゃったらしいじゃ。

うん、
「奉公さん」、立派な高松の代表人形じゃ。
ようこそ、ヒヨコ船長一家へ。

ところで、今回、
ヒヨコ船長が、以前、
「奉公さん」を見つけていながら、購入せんかった地域は、四国、香川県、金刀比羅宮付近と、把握しておったのじゃが、
隠遁ライダーの人形を購入した場所、四国、高松が、香川県じゃと分からなかったが為に起きたオッペケペーなメールのやりとり。

反省~。

これからは少し、地理を勉強しなくては~(汗)。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-05 23:59 | 人形収集

お土産人形騒動記1

今日は、昨日から、自転車で四国旅行に出かけておった、夫、隠遁ライダーが帰宅する日じゃ。

どうやら、今回は、香川県を疾走しておったらしいのじゃが、
高松を出るに当たって、
ヒヨコ船長にメールが届いたじゃ。

「高松城ゆかりの人形を、ヒヨコ船長への土産に入手しました」

ワ~イ、ワ~イ!
ヤッタ~!

言わずと知れた、ヒヨコ船長、お土産人形マニア。
特定の場所でしか、入手出来ない稀少なお土産人形コレクター!!

で、今回の隠遁ライダーからのお土産は、高松城ゆかりとな?

エエのぅ~、
さすが、夫、隠遁ライダー。
ヒヨコ船長のコレクション趣旨がわかっておるやないの~。

そうじゃ、そうじゃ、
高松城ゆかりの由来が有るなら、
その人形は、その場所でしか、手に入らぬからのぅ~。
収集財産としては、合格~!!!

コレクターにとって、新しい獲物は、何にも代え難い至宝。
すっかり、舞い上がってしまったヒヨコ船長じゃったが、
ここで、一つ、得体の知れん不安に襲われた・・・・・・。

何なんじゃ、この不安感は・・・・・・?

そこでヒヨコ船長、
「隠遁ライダー」「お土産人形」「四国」をキーワードに、
過去の記憶を辿り始めた。

はっ!!

ヒヨコ船長の不安の一つはコレじゃったか~。

それは、隠遁ライダーの趣味が、とても前衛的じゃっちゅう事じゃ。

隠遁ライダーは、結婚前、
経済学会で、自らの論文を発表する為に、ドイツの大学に向かった事が有ったのじゃが、
その折りに持ち帰ってくれたヒヨコ船長へのお土産人形の、何ともはや、アバンギャルドな事・・・・・・。

その土地の伝承をモチーフにしたお人形2体。
ここまでは、ヒヨコ船長のコレクション趣旨を満たしておった。

しかし、
その容貌は、昆虫と両生類を足して2で割ったモノを擬人化した・・・・・・と言う表現が、一番相応しいのじゃろうか、
とにかく、ヒヨコ船長にエライ衝撃を与え、
いまだに、「キショイ君」「キモイ君」という名を付けられ、箱の中に封印されておる物体なのじゃ。

また、こんなエピソードも有ったのぅ。

ヒヨコ船長が、お土産人形コレクターと知っておる隠遁ライダー、
遠出等すると、やたらと、
「オッ!ヒヨコ船長、あの人形はどうじゃ?」
「この人形は、エエような気がするぢょい」
と、声をかけてくれておるのじゃが、
信楽で、よく生産されておる狸の置物を見て、
「これは、どうしゃ?」
と、勧め、
ヒョットコのお面を見て、
「このヒョットコ、エエ顔してるのぅ~」
と、同意を求められても・・・・・・。

とにかく、隠遁ライダーは、お土産人形クセモノ買い付け師なのじゃ。

そこで、ヒヨコ船長、
隠遁ライダーにメールを返信してみた。

「そのお土産人形、カワイイ?」

再び、隠遁ライダーから返事。
「自信ない。でもカワイイはずぢょい。愛嬌は有る」

まずは、ホットしたヒヨコ船長。

でも、まだ何かが引っかかっておるぢょ~。

何じゃ、何じゃ、
この胸の突っかかりは・・・・・・。

それは・・・・・・。

続く~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-04 23:59 | 人形収集

融通利かせて自由自在~

融通念仏宗の大本山、大念仏寺の「万部おねり」に行き、
そこで、大念仏寺のご本尊は、昔、出張御利益制度をとっておった事に、
驚愕及び感動したヒヨコ船長じゃったが、
そもそも、融通念仏宗とは、どのような宗派かと言うと、
仏教の一派。
念仏を唱える事で、救いを求めると言う意味では、
阿弥陀教や念仏宗の系統じゃろう。

ヒヨコ船長が、調べたところによると、
融通念仏宗、
一人が唱える念仏は万人の為に、
万人が唱える念仏は一人の為になるっちゅう、
何とも融通の利いた宗旨らしい。

しかも、
「万部おねり」の中で、衆生を浄土に導く25菩薩の中のお一人の名称が、
その名も、自由自在菩薩!!

融通の利いた宗教の中で、
信仰されておる菩薩様の名が、自由自在菩薩~?

何か、スゴクないか~?

さすがの仏教大好き、ヒヨコ船長も、
自由自在菩薩様の存在は知らなんだ・・・・・・。

う~ん、深いっ!深いぢょ!
融通念仏宗!

しかしながら、ヒヨコ船長手持ちの仏教語大辞典の中には、
自由自在菩薩は、掲載されておらんかった~。

なぞがなぞを呼ぶ、融通念仏宗。
暫くは、夢中になりそうぢょい。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-03 23:59 | 寺社巡り

御仏出張制度

昨日に引き続き、
大念仏寺の感想をば・・・・・・。

果たして、ヒヨコ船長が大念仏寺で見つけた、既存の仏教観を覆す新しきデーターとは?

まず、
いよいよ臨終を迎える信徒に対し、
阿弥陀浄土から迎えに来て下さる25菩薩の様子を模した「万部おねり」の様子は、
昨日のブログに書いた通りなのじゃが、
その25菩薩の皆様方が、臨時に作られた、本堂へと繋がる橋の上を練り歩き、
次々と本堂に消えた後、
融通念仏宗、大本山大念仏寺で、一番エラ~イお坊さんが、
やはり同じ場所を、懐に大念仏寺のご本尊を抱き、練り歩き、
本堂に入って行くんぢょい。

エェ~!!
普通、どの宗派でも、ご本尊を持ち歩く、もしくは動かす、触るでさえ、
余程の事情が無い限り、聞いた事が無いっ!!

それが融通念仏宗では、
一年の内、必ず「万部おねり」の際は、実行されておるのじゃ。

しかも、この「万部おねり」は、
連休中に数日間催される行事の為、
ご本尊は、数日間に渡って、移動しまくる訳じゃな~。

何と、アクティブなご本尊で有る事よ~。

これには、ヒヨコ船長、大いに戦いた~!!

しかし、宝物館を拝観して、
「この宗派なら、それもあり得るのぅ~」
と、納得~!

以前より、こちらのご本尊は、
干魃、虫等、
人々の生活に支障きたす、災いが起こった時、
信徒の要請に応じて、その場へ出張されておったのじゃ。

スンバラシ~!!

何と、身軽なご本尊で有る事よ~。

しかし、悩める衆生の元へ現れ、慈悲をお与え下さる事こそ、
御仏の職務で有り、本分。

そう言った意味では、仏教精神の根元を見た気がしたわい。

以前、奈良の女人高野と通称される室生寺、五重塔が、台風で倒壊した折り、
その再建の為の資金集めに、
室生寺の御仏総出で、東京の国立博物館だったか、何だかに、
出稼ぎに行かれておった時も感動したが(自ら、再建資金調達の為、出稼ぎされるとはエライッ!!)、
今回も、ヒヨコ船長的にはかなりの感動~!!!

大念仏寺のご本尊ってエライ~!!

しかし、まだ、この寺には、ヒヨコ船長の仏教知識を凌駕する菩薩様の存在が~!!

続く~!
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-02 23:59 | 寺社巡り