だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー

<   2005年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日は、ダイエーとコカコーラの懸賞でファイバークリスマスツリーが当たったぢょ。

スイッチを押す度に、いろいろな光り方を見せてくれ、とてもキレイじゃ。

我が家のセカンドクリスマスツリーとして大切にするぢょ~。

しかし、なぜ、こんなクリスマスツリーの懸賞に応募してしまったのやら、あまり記憶にないのぅ。
本来ならば、我が家にクリスマスツリーは御法度だっちゅうに・・・・・・。

と、言うのも、我が家では、メインのクリスマスツリーが幅をきかせているからじゃ。

我が家のメインクリスマスツリー、それはモミの生木。
日々、成長中。

ただでさえ、植物を異常成長させるという特技を持つヒヨコ船長。
モミの生木はヤバイんじゃないかのぅ?
フフフ・・・・・・、やっぱりヤバかったですぢょい(涙)。

一年でだいだい二回り大きくなる我が家のクリスマスツリー。
デコレーションも、毎年買い足さなくてはならん。

そのうち、「アルプスの少女ハイジ」の家の裏のモミの木位になったら何としよ~?

遂に、今年は飾り付けするだけでも、一苦労の域にまで達してしまったんですけど~。


今日の懸賞当選品
ファイバークリスマスツリー(ダイエー・コカ・コーラ)
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-11 23:59 | 日常生活

ヒヨコ船長の過去

今日は、少しヒヨコ船長自身のことについて書くですじゃ。

12月8日のブログで出した『ヒヨコ船長クイズ』、
「ヒヨコ船長が、独身時代就いていた職業はなんでしょう?」
の、答えは・・・・・・、

Mの「高校教員」でした~!

結局、体を壊して辞めたのじゃが、辞めるときは大泣きしたぢょい。

幸いにも、教えた子供達は、み~んな可愛いと思えたので、
仲の良い友人達からは、
「天職じゃのう」
な~んて言われたりもしたのじゃが、
実際は、どうじゃったのかのぅ?

そればかりは今でもわからんが、少なくともヒヨコ船長にとっては、
楽しく幸せな仕事じゃったぢょい。

じゃがのぅ、
どうやら外見は、この職業とほど遠いモノが有ったようで、
よく初対面の人に、
「美容部員?」と、聞かれておりましたじゃ。

美容部員って、化粧品の販売員のことじゃろう?
じゃあ何かい?
仕事でも無いのに、ヒヨコ船長はあんなに濃い~メイクをしてたってこと~?
してませんってば~(汗)。

ところで、いろいろな方のブログを拝見していると、
結構、保育士さんのブログに行き当たることが多いのじゃが、

こういう職業に就いている方ってのは、
一応に、
「尊敬している先生と出会えて、私もそういう風になりたいと思った」
とか、
「学生時代、先生に『子供達にはお前の優しさが必要だ』と言われた」
とか、
ホント、師弟関係で、涙が出そうなステキなエピソードをお持ちの方が多く羨ましいぢょ・・・・・・。

ヒヨコ船長の場合も、やっぱり初めに、
「お前は教師になれ!!」
と、言ったのは、高校時代の担任だったけれど、
その理由がねぇ~、

「これからの子供はドンドンワケがわからん奴が増える。そうなった時、ワシら既存の教員では対応ができん。でも、お前のような、同じくワケのわからん奴なら理解できるはずや。教師を目指せ!」
だったんだぢょ~。

何かいきなりマイナスから入っていってるんですけど・・・・・・(感動も何も有ったものじゃ無いわいっ)。

当時、ヒヨコ船長は、学校をサボって喫茶店でお茶を飲んでいたり、ミナミなんかをフラ~としているコマッタちゃんじゃったと言うに(不良じゃないぢょ。現在と同様ダラダラが好きだっただけ~)、
今思えば、あの先生勇気有るな~。

しかしっ、この時点ではまだ、ヒヨコ船長は高校教員になる気など毛頭なかったのじゃ。

何せ、子供の時なりたかった職業は、
うどんの玉屋さん(マニアックじゃろ~)じゃったし、

大学を受験する段階で、目指したのは、
保育士じゃったのじゃからな。

しゃあ、何故、保育士にならなかったって?

知らなかったのじゃよ。

我が母校のような、総合大学では、
初等教育学部に行かなければ、
保育士の資格は取れぬということを・・・・・・。

人生行き当たりばったりヒヨコ船長。

入学してから、自分の入った学部では、中学、高校の教員免許しか取得出来んことを知りガ~ン(暢気過ぎ)。

そうして、現在に至る~ですじゃ。

クイズの選択肢を沢山用意した割に、地味~な職業でスミマセ~ンッ!!
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-10 23:59 | 日常生活
今日、電車の吊り広告をボンヤリ眺めていたら、
「『下流OL』の恥極貧ライフを覗く(SPA!)」という見出しが目に飛び込んできたぢょ。

「下流」。
これは、現在話題になっている、三浦展氏著作の「下流社会」から取ったものじゃろうのぅ。
(「下流社会」というのは、三浦氏の造語じゃそうな)

それにしてもこの見出しには笑ってしもうたじゃ。

だってだって、ヒヨコ船長も、つい最近、この書籍は読んだばかりなのじゃが、
筆者の三浦氏が、その著作の中で、最近の女性を5パターン、男性を4パターンに分けているのじゃ。
それによると、女性は「お嫁系、ミリオネーゼ系、かまやつ女系、ギャル系、普通のOL系」。
男性は「ヤングエグゼクティブ系、ロハス系、SPA!系、フリーター系」となっておる。

更に読み進めていくと、男性の中でも「SPA!系」は、
「特に勤勉ではなく、仕事も好きでもないし、才能もないが、(中略)仕事をするしかないので仕事をしているというタイプ。」と有る。

ちなみに、こういう人々を「SPA!系」と呼ぶのは、彼らが中流から下流にかけてのホワイトカラー系男性で、それが雑誌「SPA!」の主要読者層と重なる為のようじゃ。

ちょっとちょっと、
「仕事をするしかないので仕事をしているというタイプ」な~んて、書かれておるんだぢょ。

君達、OLの極貧ライフなんて覗いている場合じゃないじゃろ~。

なのに、敢えて自己分析はせずに、発行部数の伸びそうなOLネタに行く「SPA!」編集部。
あざと過ぎる~!!

こんな感じで、ヒヨコ船長は、電車に乗るときは吊り広告にツッコミを入れながら時間を潰しておるのじゃが、
そういうヒヨコ船長は何系じゃろう?

ちなみに三浦氏は、「総じて人生への意欲が低い」者を「下流」として定義づけておられる。

「彼らの中には、だらだら歩き、だらだら生きている者も少なくない。」とも言っておられる。

ヤッ、ヤバ~イ!!

ヒヨコ船長も人の事を笑っておる立場では無かったようじゃ(汗)。


今日の懸賞当選品
上戸彩文具セット(キッコーマン)
グレープフルーツシャーベット(P&G)
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-09 23:59 | 日常生活

ヒヨコ船長クイズ

昨日、リーガロイヤルホテルで懸賞当選ランチをしたついでに、梅田をウロウロ~。

平日のお昼だと言うに、何ちゅ~人混みやねんっ!

人に酔ってフララフでしたじゃ。
人混みは苦手じゃぢょい。
お陰で今日まで応える~!

はぁ~、ヒヨコ船長は、こんな虚弱野郎では有るものの、これでも結婚前は沢山の人を相手にする仕事をしていたですじゃ。

そこでク~イズ!

さて、ヒヨコ船長が独身時代に就いていた職業は何じゃろう?

A美容師
B大阪市役所職員
Cタクシードライバー
D銀行員
Eメイド喫茶のメイド
Fエステシャン
G保育士
H百貨店販売員
I 看護士
Jバスガイド
Kアシカの調教師
Lスーパーレジ係
M高校教員
N証券会社受付
O国内線客室乗務員
P漁師
Qティズニーランドのダンサー
R文具会社営業

わっかるかのぅ?

この中に有ることは確かだぢょい。

答えは、
正解を知りたい人がおった時に~。

って、オイオイ、何ちゅうエエ加減なクイズやねんっ!!
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-08 23:59 | 日常生活
万代、明治屋の懸賞で当選していたリーガロイヤルホテルのランチに行って来たぢょ。

アネックスの7Fに有る「ベラコスタ」と言うイタリアンレストランなのじゃが、
何と!今日は貸し切りっ!!

メニューは、前菜3種盛りに、パスタ。
そして、メインが、タラとナスやズッキーニ、パプリカのグリル。
デザートに、ソルベ2種とコーヒー。
その他、パンと、オレンジジュースも出たのぅ。

美味しくて幸せ~。

但し、たった一つを除いてはの。

たった一つの不満・・・・・・。

それは、パスタが、蟹とトマトのパスタじゃったことじゃ~!!!

悲しすぎるぢょ、蟹のパスタ・・・・・・。

実は、ヒヨコ船長はアレルギー持ちじゃ。

薬品に、動植物。
ハウスダストに雨まで。

この地球上で、生命活動が出来ん程のアレルギー持ちじゃ。

だから、医療処置を受ける時や、外出する時は、注意の上にも注意を払って・・・・・・なのじゃが、アレルギーは、それだけに止まらず食品アレルギーにも及んでいるのじゃ。

ヒヨコ船長の食べられない食材は、甲殻類。
価格も張って、美味しい奴らだぢょい。

これらの食材の味は好きなのじゃがのぅ。

食べてはエライ事になっちまうのでお預けじゃ。

その蟹さんがランチメニューに参加するとは~!!

う~む、これは食べられないぢょい。

楽しみにしておったのにのぅ。
残念~!!

食べ物の恨みはコワイぢょ~。
何となく、一日元気の無いヒヨコ船長。

じゃが、そんなヒヨコ船長を覚醒させる新発見がっ!!

何とっ!
押尾コータローと、押尾学って、同一人物じゃなかったんじゃな~。

衝撃~。

今日の今日まで、俳優押尾学の音楽活動する時の芸名が押尾コータローじゃと思っておったぢょい。

ええっ?
そんな誤解はヒヨコ船長だけ~?

まっ、エエわい。
二人の押尾が分身の術で分かれたことにより(だから、初めっから二人いたんだってば)、ヒヨコ船長、しばし、恨みの蟹パスタから考えをそらせたんじゃから~。

それにしても、食べ物に対するヒヨコ船長の集中力はスゴイのぅ。

この集中力を他に向けたら、偉人にでもなっておったに違いないに~!


今日の懸賞当選品
パスタソース3個セット(ピエトロ)

今読んでいる書籍
オヤジどもよ!(中村うさぎ)
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-07 23:59 | 懸賞
今日は、美容院に行って、カット&カラーで変身っ!!
で、イメージチェンジできれば良かったのだけれど、結局はいつもの髪型に・・・・・・。

ヒヨコ船長の髪色は濃い目の茶系で、長さはセミロングとロングの中間位。
パーマもかけていないのに、毎月、美容院に行く度に、
「あれ~、ヒヨコ船長、パーマかけた?」
と、言われるのが悩みの、毛先のみクルリン癖毛。

先月も、先々月も、ズズ~ッとこの髪型。
そしてやっぱり今月も~。

女性がヘアスタイルを変えるとなると、チョットした勇気が要るものじゃのぅ。

あぁ~、ヒヨコ船長の根性無し~!!
そのチョットした勇気がなかなか持てんわ~。

と、こんな風に、いつもの通りのいつもの手順で、髪を整えたはずなのに・・・・・・。

な・ぜ・か~、
実家の愛犬を長い間、洗っていない時のような臭いがする~。
ヒヨコ船長の頭から~。

何~?この臭い?

以前、高級フランス料理店で出されたチーズも、愛犬の「長い間お風呂に入っておりません」臭がしたけれど、
それ以来の臭いじゃわい。

クッサ~!

しっかし、今の今までその経験から、
「食べ物が獣臭い程、嫌なモノは無いっ!」
と、思っておったが、自分が獣臭いっちゅうのも何じゃのぅ・・・・・・(汗)。

美容院でカラーの薬を変えたのかのぅ?

この臭いは、いつ落ちるのじゃろうのぅ?

今、ヒヨコ船長は、自分の臭いに窒息しそうじゃ。

・・・・・・何だか、チョット腹が立ってきたぢょ。

よ~し、明日は誰彼構わず、
「のぅのぅ、ヒヨコ船長の髪の毛を臭ってみて~」
攻撃に打って出るか。

ヒヒヒ。
無差別攻撃。

自分のストレスを他者にも分け与えることで、発散しようというヒヨコ船長、悪い奴~。ルン♪


今日の懸賞当選品
ライフ商品券3000円分(ライフ)

今読んでいる書籍
博士の愛した数式(小川洋子著)
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-06 23:16 | 日常生活
今日は、実家に帰ったついでにデパートからお歳暮を送ってきたぢょ。

夫、隠遁ライダーの勤め先では、お中元、お歳暮といったやりとりは禁止されているので、差し上げることも頂く事も無く、とぉ~っても楽じゃ。

しかし、プライペートで、どうしても一軒だけ贈らねばならない、お世話になった方が居るのじゃ。

そこで、
「ヒヨコ船長出動~」
となった訳じゃが、
所詮、贈ると言ってもたかだか一軒の事じゃ。

「な~に、すぐに終わるじゃろ」

と、気楽に考え、外商を通さなかったのが運の尽き。

順番待ち番号を取ってから、
一時間かかりましたじゃ~。

グッタリ・・・・・・。

いつも、スンゴイ人混みじゃが、年末のデパートの混み方は一際じゃのぅ。

人の波に流されるままに流されて、なかなか進みたい方向にも進めず、ヒヨコ船長、大人迷子になりそうじゃったぢょ~。


今日の懸賞当選品
ライフ商品券3000円分(ライフ)

今読んでいる書籍
ぬしさまへ(畠中恵著)
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-05 23:59 | 日常生活
今日は、祖父母の17回忌の為、夫、隠遁ライダーと実家に帰っておったじゃ。

ヒヨコ船長の実家の宗派は、真言宗高野山派。

弘法大師こと、空海上人を開祖とする宗派じゃ。

この宗派は、平安期から続いている為、ある程度、時代に応じた変化はしているはずなのじゃが、それでも鎌倉期から始まった浄土宗等に比べるとかなり異質じゃ。

経文一つとっても、他宗に比べると、やたら古代サンスクリット語使用になっておる気がして仕方がない(つまり、よりわかりにくい)。

そんな宗派の法要スタート~!!

と、身構えたとき、いきなりお経に先立ってお寺さんが唱えた言葉は、

「ランランランランランラン・・・・・・、バンバンバンバンバンバン・・・・・・」

はぁ?

実家におった頃から、何かと仏様ごとのお手伝いをしてきたヒヨコ船長じゃが、
これは初めて聞く言葉じゃぞ。

ランランランにバンバンバン。

音だけ文字にすると、楽しげでさえ有るのじゃが、
実際に唱えておるのは、低~い声で、最後は口の中で呟く感じ。

折角のランランランとバンバンバンが、その語感の特色を出せずにおる~!!

そもそも一体ランランラン、バンバンバンって何~?

隠遁ライダーは、
「寺社仏閣大好きヒヨコ船長がわからなけりゃあ、誰もわからんわいっ!」
と、言うのじゃが・・・・・・。

帰宅して早速、仏教語大辞典(なぜか持っている)を引くヒヨコ船長。

ランが五智を表す「藍」だとしても、やっぱりバンがわからんのぅ。

謎のランランランにバンバンバン。

何故か、この言葉にハマり、やたら、

「ランランランランランラン♪」

と、隠遁ライダーにからみ、

「バンバンバンバンバンバン♪」

と、返って来るのを楽しむヒヨコ船長。

自分でも、

「そこは広げる所とちゃうや~ん」

と、分かっていながらどうしようも無い。

もう今日は、一日中、ランランランにバンバンバンなヒヨコ船長一家。

今年の我が家の流行語大賞は、
ランランランにバンバンバンで決まりじゃな。
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-04 23:59 | 日常生活

ヘルシオ登場~!!

今日は、先日、はごろもフーズの懸賞で当選したウォーターオーブンヘルシオAX-HCLがやって来たぢょ。

しかし、このヘルシオ。
クセモノじゃった~。

そんなヘルシオについて、事前にシャープのサイトで知識を仕入れていたヒヨコ船長(お利口さん!)。

この予備知識無くては、来訪したヘルシオにアワアワするところじゃった!
いや、結果的にはアワアワじゃったのじゃが、どうやらそのアワアワは最低限に抑えられたのじゃ。

まず、ヘルシオはあくまでオーブンなのじゃ。
レンジでは無いっ!

なもので、食品の温め機能は付加されておるとは言うものの、レンジとしての仕事っぷりを期待するのは過ちじゃ。

時間がのぅ。
かかるのじゃよ~。

コンビニ弁当で10分って・・・・・・。
ごはん1杯で7分って・・・・・・。

しかも、ヘルシオは水で焼くため、水蒸気がスンゴク出る。

ただでさえ、外寸、幅520mm×奥行465mm×高さ345mmと、大きめなのに、水蒸気の噴出分まで考えて設置場所を決めなくてはならんのじゃ。

あれこれ考えた末、引き取って貰おうと目論んでいたオーブンレンジをそのまま残すことにしたヒヨコ船長。

このオーブンレンジ。
実は、ヘルシオに勝るとも劣らぬデカさ!

それらが、キッチン内の棚に、仲良く並んでおるのじゃ。

幸いにも、キッチン面積に余裕は有ったのじゃが、
今や、ヒヨコ船長のキッチンは、(料理の)デキル主婦のキッチンのよう。

ゲ~ッ!
恥ずかし~!!

このキッチンの充実度は並じゃねぇぢょい。

キッチンだけ見たら、料理研究家か、ケーキ作りの好きな可愛い奥さん♪等と思われてしまいそうじゃて。

勿論、(働かんから)キッチン道具もピカピカにキレイじゃしな。

そう言やぁ、転居した時も、引っ越し屋さんの荷詰め係の女性に、
「まぁ~、奥様、キッチン道具を何てキレイに使ってらっしゃるの~?」
と、言われておったのぅ。

いや、あの、ソレは、元々使ってないだけですって~。

そんなこんなでなんとか設置したヘルシオ。

休日出勤から帰宅した夫、隠遁ライダーに、新しい仲間、ヘルシオ君の機能を紹介するヒヨコ船長。

ヒヨコ船長    「これこれこうで、温めには時間がかかるから。それから、一回ずつ水をヘルシオ内に入れて~、使い終わったら排水して、受け皿とつゆ受けの水を捨てて~、月に一回はクエン酸でお掃除して~」

隠遁ライダー  「チョット待てぇ!ほんならヘルシオ君の長所は一体何やねん?」

ヒヨコ船長    「そっ、それは~、ヘルシオ君で調理したら油分を滅茶苦茶カット出来るし。それに、天麩羅なんかを温める時も、ベトつかずカラッと行くもん。それに、それに~、お料理好きの人やったらスンゴイ美味しい料理になるもん~!!」

隠遁ライダー  「・・・・・・」

ヒヨコ船長も、ここまで言って気がついた。

お料理好きさんが憧れるヘルシオ。
より美味しく調理できるというヘルシオ。

これは、料理を作る人の為の製品じゃな(当たり前)。

果たして、ヒヨコ船長には、必要なものなんじゃろうか・・・・・・?
いんや、使いこなせるのじゃろうか?
不安~。

でも、油分の大胆カットは嬉しい機能じゃ。

とりあえず頑張ってみることにするぢょい!


今読んでいる書籍
下流社会(三浦展著)
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-03 23:51 | 日常生活

笑えるけど、笑えん話

今日は、先日大往生を遂げた、夫の祖母事、オバアの百ヶ日だったぢょい。

法要に先立って、朝から、夫の実家に掃除機をかけに行くヒヨコ船長。

エエやっちゃ~!

法要スタートは、3時からじゃと言うので、いったん帰宅。

で、3時2~3分前に、再度訪れると、法要は既にスタート!!

「ゲッ!!」

このお寺さん、遅れるときは2時間位、平気で遅れて来るくせに、早いときは、予定を繰り上げてスタートするんだから~!!

ちなみに、今日は、予定時間の20分前に着いたそうじゃ。

全く、油断ならん坊主じゃわい。

はじめは、少々遅刻こそしたヒヨコ船長じゃったが、そんなもんは気にならんほどのお経の長さ。

延々一時間は唱えておったのぅ。

一時間のお経は、一時間の正座で拝聴。

有り難いような・・・・・・、複雑~(汗)。

さて、いよいよ法要も終わり、ヒヨコ船長の職務でもある(来客への)お茶出しも終了。

後は、お参りに集まった親類軍団とお茶やお菓子をつまみながら、オバアを忍ぶ会話など・・・・・・、と、言ったところで、

「ヒヨコ船長~、もう帰ってイイよ」
と、姑の声。

姑は何かと心遣いの行き届いた人で、この時も、年配の親類の中でヒヨコ船長が気を遣いまくっておるのを危惧したようじゃった。

「洗い物だけはしてから帰るぢょ」
と、言うヒヨコ船長に、

姑は、冗談めかして、
 「ヒヨコ船長には、朝から働いて貰っていたからそれでもう十分。それに、今からおばあちゃんの遺産についてみんなと話し合いが有るから、もう帰ってイイからね~」

この姑の冗談に、笑ったのは姑だけ。

あとの、それを聞いていた親類一同に、ピッキーンと凍った空気が流れたのにはゾゾッ。

(ゲゲッ、お義母さ~ん、この場の雰囲気をどう立て直す気ですか~?)

取り繕うように、
「ヘヘッ」
と、笑うヒヨコ船長。

後は、もう一目散に逃げ出しましたじゃ~。
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-02 23:59 | 日常生活