だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:旅行( 35 )

第3日目

この日は、
岡山城と後楽園に~。

岡山城は、
眺める方向によって、
顔の変わる不思議なお城。

烏の濡れ羽色がかっちょエエ~お城じゃ。

おまけに、
丁度この日は、
天守閣で「緒方洪庵と周辺の人々」に関する特別陳列が有り、
洪庵ファンの夫、隠遁ライダーは大喜び♪

まさかこんな所で洪庵先生にお会いしようとは~。
得した気分じゃ(嬉)。

そして、岡山後楽園。

かつては、岡山藩主が、静養したり、賓客をもてなしたと言われておるこの庭園は、
さすが日本三名園の一つ。

期待を裏切らんわ~。

築庭当時から鶴が飼育されておるそうで、
一時は絶えたものの、
現在では再び美しい丹頂鶴が見られるぢょい。

ただ、
鶴の名前が・・・・・・。

クロじゃとか、キイロじゃとか・・・・・・。
なぜ?なぜダイレクトに色の名?

どうせなら、、叢雲じゃとか、山吹じゃとか、
古風な言い回しの方が良かったような気が・・・・・・。

それにしても、わしゃ、この名付けの由来が知りたいわいっ。

ところで、
以前、
岡山に縁の有る友人が、
「岡山でお見合いをすれば、相手が変わるだけで、行き先はかならず後楽園」
じゃと言っておったが、
やはりこの日も、スーツ姿の初々しいカップルがおられた。

確かに、
後楽園散策は、のどかで、
まったりとした気持ちにさせてくれるわい。

岡山では、どのカップルもが、一度は必ず訪れるデートスポットなんじゃろうか?
岡山では、後楽園の洗礼を受けるのがカップルの掟・・・・・・じゃとか?

こんなデートにピッタリな後楽園の有る岡山県。
昨日の鳥取県に続き、岡山県も偉大じゃわ~。
もしかしたら、少子化にストップをかける日本のエースが岡山県(後楽園)かも知れんのじゃもん。


それにしても、日本にゃあ、
「まだまだ見ておらんエエスポットが沢山有るのぅ~」
と、感動~。

今回の旅行も楽しくリフレッシュ出来、
大満足のヒヨコ船長一家。
最後の仕上げにに高島屋に立ち寄り、
岡山のお土産をドッサリ買い込み、
意気揚々と大阪に引き上げたのでありました~。
[PR]
by hiyokosencho | 2007-11-24 23:59 | 旅行
第2日目

半休をとった夫、隠遁ライダーと、
結婚記念日旅行に、
懸賞で当選したホテルにお泊まりしたヒヨコ船長。

1日目は、車で走りに走ってホテルに到着するのが精一杯じゃったもんじゃで、
この2日目からが、旅行の本番~。

そこで、
張り切ったヒヨコ船長、
この日は、朝早ように起きて、
一人露天風呂へ~。

さすがに、
朝は、従業員さんも入ってくる事無く、
山里の静かな露天風呂を独り占め~。

湯船からは、
昨夜は、暗うて見えんかった周辺の景色もよぅ見えて楽しい~♪

じゃが、
やっぱり外気温は低く、
なんぼお湯に浸かっておっても一歩踏み出すと、寒くてブルブル~!!

そこで昨夜同様、室内風呂に移動~。

ほっこり温まったところで部屋に帰り、
その後、食事をとる為、隠遁ライダーと供にホテル内のレストランに~。

レストランでは、
周囲の紅葉がよく見られる窓際に通され、
ホテル自慢の和食をいっただきま~す♪
と、テンションもアゲアゲのはずが、
数少ない偏食品がメニューに登場しており一挙にトーンダウン。

ヒヨコ船長のパワーを朝から奪いよってからに。
このっ、このっ芋粥め~(お粥が苦手なんじゃわ)。

と、ヒヨコ船長がひたすら芋粥と格闘している間、
隠遁ライダーは、
窓の外の山里の秋を堪能~の筈が、
これまた、
「うっわ~」
「ひょえ~」
と、嘆きの悲鳴を連発。

そう、そんな隠遁ライダーの視線の先に有ったものは、
昨夜、チェックしておったホテル正面の、自称(?)西日本一っちゅう露天風呂、砂湯。
ここには、「長寿の湯」「美人の湯」「子宝の湯」の三つの露天風呂が有り、
朝も早よから、
大盛況~!!

しかも、その入浴客(オッサンばかり)は、
惜しみもなく、どこもかしこも隠そうとはせぬスッポンポン~!!!

窓の外の、
山里の秋を楽しもうとすると、
嫌でも目に入るこのオッサン軍団のスッポンポン・・・・・・(汗)。

で、隠遁ライダー、
食事の間中ずっと、
「うわ~、丸出しや・・・・・・」
じゃとか、
「しっかし、この風景を見ながら朝食はキツイのぅ~」
等、一人ぶつぶつぶつぶつ。

ヒヨコ船長は、
のどかなエエ光景じゃと思うんじゃがな(凝視はしてませんってば 汗)。

こんな美味じゃったが、
景観としては、ハプニング付きの朝食を終えた後、
いよいよ紅葉狩りに出発~!!
その折り、
ホテルから、
「どうぞお土産です~」
と、手渡された意外な物、
それは、ゆで卵と、ホテルの玄関先で焼いたばかりのかき餅~!!

ヒヨコ船長、旅のお供にゆで卵なんか頂いたのは初めてじゃよ。
昭和30年代以前の香りがする~。

しかも、このゆで卵っちゅう奴ぁ、
なかなか自己主張の激しい奴でのぅ。

車で揺られておる間に、
ひび割れる事、数カ所、
結果、車内は、ゆで卵臭で充満~。

いや~、どうしてなかなか・・・・・・(汗)。
強烈なインパクトを残した土産であったじゃ・・・・・・。

じゃが、
宿泊先の人々の、手間を厭わぬもてなしが嬉しく無いはずはなく、
感謝、感謝~で、
ゆで卵臭と供に、
蒜山大山スカイラインをドライブするヒヨコ船長一家。

ここでのドライブは、
開けた視界も、
優しい色に紅葉した山も、
吹き渡る風も、
何もかもが、気持ちエエ~。

心身共に絶好調で、
蒜山、大山、烏ヶ山の眺望が素晴らしいと言われておる鬼女台に~。

そこでは、
ただただ、感動~~~~~!!!!!

ここからは、
周囲をぐるりと取り囲む山々の紅葉が見渡せるのじゃが、
その紅葉の見事な事。

ここでの紅葉の色づきは、
目に鮮やかな、覚めるようなものではなく、
目に優しく、空とも地とも調和しておるものなんじゃ。

こんな光景を描こうとするならば、
持ちうるのは、パステルの色鉛筆じゃろうな~。

やっぱり神仏の創造するものってのは、
人間の想像を遙かに超えて心を打つわい。

いやいや、
分かってはおったつもりじゃが、
改めて参りましたわい。

等と、心に感じ、
山陰の秋を満喫しつつ、
食べるジャージー牛乳ソフトクリームのウマい事と言ったら~◎

うぅ~ん、鳥取県、偉大なり~!!!

その後は、
桝水高原でまったりしたり、
隠遁ライダーが、中学校時代、林間学校で来たっちゅうホテルを探し当てたり、
大山付近をのんびり楽しんだのじゃが、
最後に、
ヒヨコ船長が熱望しておった、山岳信仰の聖地、大山寺へ~。

実は、
ヒヨコ船長、この大山寺にゃあ、
以前、2度程お参りした事が有るのじゃ。

そのいづれも、
高校時代の野外スクーリングでなのじゃが、
往時の印象は、
「大山寺=牛の像の有るお寺」
「大山寺=遠いので2度と来る事の無いお寺」
じゃったように思う。

その内、
「大山寺=牛の像の有るお寺」っちゅう印象に関しては、
正しい記憶じゃったのでは有るが、
新たに衝撃の事実も発覚~!!!

何と、何と、
この牛の像は、
屠殺された牛の、不要になった鼻ぐりを集めて鋳造した物らしいのじゃ~。

つまりドナドナの像・・・・・・。

しかも、
この像に関しては、
なぜか、
「この像に触れながら、一つだけ願えば、その願いは叶う」と掲示されておる。

人間の為に死んで行き、
死んでも尚、人間の心願を叶える牛さん・・・・・・。

何じゃか、とても切ない気持ちになって、
像を撫でながら、
「人間の為に死んでしまった全ての動物たちが阿弥陀様のお側で、今は幸せに暮らしておりますように~」
と、お願いしたヒヨコ船長であったじゃ。

そして、
もう一つの印象、
「大山寺=遠いので2度と来る事の無いお寺」に関しては、
やはり、今回も同じ事を思ったじゃ~。

「もう、今度こそ来られへんじゃろ」
と。

じゃが、
縁とは不思議なものじゃのぅ~。

すぐ近くに有りながら、
一度も訪れる事無い場所が有るかと思えば、
遠く離れておりながら、
何度も訪れる場所有り。

この大山寺は明らかに後者。

ヒヨコ船長、
確かに、今回も、
「もう、今度こそ来られへんじゃろ」
と、思った。

じゃが、そう思いつつ、
どうやら又訪れる事になりそうじゃ。

ここまで来ておきながら、
ヒヨコ船長のコレクションの一つ、
寺社仏閣の資料を購入し忘れたのじゃ~~~(涙)。

勿論、そんな物ぁ、
大山寺で販売しておるかどうか等分からん。

が、
可能性が有る限り、
ヒヨコ船長は、再度訪れるので有る~(断言)!!

この後は、
岡山市内まで戻り、
宿泊するホテルに入ったのじゃが、
夕食にゃあ、まだ早いっちゅう事で、
隠遁ライダー、
ヒヨコ船長の趣味にしておる懸賞の情報収集の為に、
岡山のスーパーマーケット巡りをしてくれたじゃ~。

そりゃあ、
ヒヨコ船長、
懸賞も趣味の一つじゃが、
旅行に来て迄、
懸賞応募にこだわった事は無かったので、
隠遁ライダーの突然の申し入れにビックリ~!!

でも嬉しい~♪

旅行中、
無理をしてまで、
懸賞に時間を費やしたくは無いのじゃが、
こんな時間潰しなら大歓迎~。

これが実を結べばもっと幸せなんじゃけど♪

十二分に鳥取、岡山を満喫しつつ、
この日はホクホクと泥のように就寝したヒヨコ船長であった~。


今日の懸賞当選品
イオン商品券1000円分(イオングループ)
ウエルシア・ストアーズ商品券500円分(イオン・ウエルシア・ストアーズ)
グレイスソフィーナ新ファンデーション・トライアルセット(花王)
グレイスソフィーナ新ファンデーション・トライアルセット(花王)
[PR]
by hiyokosencho | 2007-11-21 23:44 | 旅行
ヒヨコ船長は、
11月9日~12日迄、
イトーヨーカドー、P&Gのクローズド懸賞、
「ウーんとわがママかなえます」キャンペーンで当選した、温泉宿泊券を利用し、
岡山と鳥取旅行を楽しんで来たので、
その旅行中の出来事を記録しておくじゃ。

第一日目

この日の午前中、
半休をとった夫、隠遁ライダーが、出社しておる間に、
ヒヨコ船長は、旅行の荷造りに奮闘~。

隠遁ライダーが帰宅する迄に全てを終え、
隠遁ライダーが帰宅すると同時に、山陰地方に向かい出発進行~!!

目的地は、岡山の湯原温泉。

この日は、
岡山に行き着く事だけを目的としておったので、
ゆったりドライブ~のはずが、
あまりのスピード到着に、ヒヨコ船長驚愕~!!!

ヒヨコ船長的体感時間、15分程じゃったんじゃもん~。

じゃが、
実際は、大阪、岡山間がそないに近いはずはなく、200km程走ったそうじゃ。

知らん間に爆睡して、
覚めた時は、湯原温泉じゃったんじゃけれど・・・・・・(汗)。

湯原温泉は、
鄙びた風情の温泉地で、
観光地というよりは、
本当にエエお湯の出る、
じゃが、それしかない湯治場の様相じゃった。

実際、
宿泊ホテルの前にゃあ、
西日本一と言われておる、混浴の露天風呂が有り、
と~ってもエエ感じ~。

ヒヨコ船長も、入りたかったのじゃが、
さすがにアノ四方八方から丸見え状態ではチトな(クマと間違えて撃たれては困る)・・・・・・。

さて、宿泊ホテルじゃが、
この鄙びた温泉地にしては、
洒落た作りで、料理もなかなか凝った、
心配りの行き届いたエエ感じの旅館じゃったよ~。

そこでヒヨコ船長、
到着後と、食後の2回、
そのホテル内の露天風呂に入ってみたのじゃが、
外気温が低すぎて、
露天風呂では温まりがイマイチ!!

そりゃあ、もっとゆったり湯船に浸かっておれば芯まで温められるんじゃろうが、
それまでに一体どの位の時間を要するか分からんかったんで、
あえなく断念。
スゴスゴ室内温泉に移動~。

じゃが、
露天温泉も室内温泉も、どちらもエエお湯じゃったにゃあ違い無かったわして~。
満足、満足~♪

そう、満足・・・・・・。
ただ一つのイレギュラーを除いてじゃが。

それは、
食後に入浴した時の話なのじゃが、
さすがに食後すぐの時間帯じゃったもんじゃで、
浴場には、人影もなく、ヒヨコ船長一人っきり。
で、ゆったりのびのび~。

が、
それも束の間の話で、
暫くすると、
次々に入ってくる人、人、人~!!

しかも、それがみんなこの旅館の従業員なんじゃわ。

どうやらこの旅館、
勤務終了後は、
従業員も大浴場を利用してエエらしく、
いつも団体で疲れを取りに来ておるようじゃ。

しかもその時間帯がウマい具合に、
客の夕食直後で、
(客と)鉢合わせする事もあまりなさそうなんじゃ(ヒヨコ船長を除いてはな)。

山あいの温泉宿で、
ゆったり湯船に浸かろうと思っておったヒヨコ船長。

ところが、
現実は、
「お疲れ~」
「お疲れさん」
の声が飛び交う中、
到着時、
部屋迄案内してくれたオネエチャンが、
裸で隣におる状態~。

何じゃか、
この爆発従業員タイムに、
「ご一緒させて頂いてエエのか?ええのか?」
と、妙に、恐縮してしまったヒヨコ船長なのであった~。


今日の懸賞当選品
グレイスソフィーナトライアルセット(花王)
[PR]
by hiyokosencho | 2007-11-12 23:59 | 旅行
第三日目

宿泊しておった東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで、
ゆっくり食事を済ませたヒヨコ船長一家。

この日は、ディズニーシーに出撃~!!

入園すると、
普段より、かなり人の出は有るものの、
昨日、既に、ランドの人出を体験してしもうたヒヨコ船長一家にゃあ、
何程の事も無し~!

楽勝~♪

カップルは多いのじゃが、幼児連れのファミリーは数える程で、
ムードは、しっとり、大人のクリスマス~。

昨日のランドも大層楽しかったのじゃが、
ここはここでエエや~ん♪

ご満悦のヒヨコ船長。
また、夫、隠遁ライダーも、ランドよりシーの方がお好みらしく、
園内の異国情緒有る建物の間をぬった散策を楽しんでおった。

結局、
ここでは、ミスティックリズムや、オーバー・ザ・ウェイブ、レジェンド・オブ・ミシカ等と言うショーを中心に楽しみ、
園内のお土産ショップをチェックし、
ヒヨコ船長一家なりのクリスマス・イブを楽しんだじゃ~。

昨日のブログでも記したが、
ヒヨコ船長は、キャラ物を身に付ける事はまず無い。
じゃが、それでも、思わず購入したくなるキュートさが、
ディズニーグッズにゃあ、有るんじゃよなぁ~。
見ているだけでも、幸せな気持ちになるぢょい♪

が、そんな幸せな空間で、思いもよらぬ悪寒体験っ!!

或るショップで、
タオルを手にレジに並んだヒヨコ船長。
そのまた後ろに並んだカップルの、デカイ声が耳に入ってきたじゃ。

女       「ん~~~、何、拗ねているのぉ~~~?」

はじめに断っておく。
ヒヨコ船長は、平素、あまり他人を気にする方では無い。

他人様が、どないなファッションをしておっても、
どないな彼氏(もしくは彼女)を連れておっても、
それは、個々の自由と言うものじゃ。
それが、迷惑行為で無い限り、あまり関心は無い。

じゃが、このカップル女のセリフの言い回し、
ホンマにゾクッと来たっ!!

エロアニメでも無けりゃあ、有り得んような甘えた声・・・・・・。
おそらく、アレは、彼氏を除いた老若男女、
生きとし生けるモノ全てに戦慄を与えたと思う。
それ位の破壊力じゃった・・・・・・。
こんな攻撃を受けて、サクッと無関心でおれるか~~~!!!

そりゃあ、ヒヨコ船長じゃとて、
恋する男女の気持ちは分からんでは無い。
好きな異性の前では、声色も態度も、多少は変わろう(豹変する者も居ようが)。

それは重々理解した上でも、
このカップル女の(甘え声の)場合、どうしても生理的に受け付けなんだ。

しかも、
「何も拗ねて無いよ」
と、言ったカップル男に対して、
またまた背筋に来る甘え声で、
「ン~~~、もぅ~~~、そんなに拗ねていると、チューしちゃうぞぉ~」

・・・・・・。

ヒヨコ船長、頭の中では、
このカップル女を、北斗神拳究極奥義「無想転生」で、即、葬りましたじゃ・・・・・・。

この一件で、
ヒヨコ船長の耳にゃあ、
ミッキーの声なんか、すっかり吹っ飛んでしまい、
カップル女の声が張り付いてしもうたのじゃが、
これもまたエエ思い出・・・・・・(涙)。

楽しかった東京旅行、
楽しいだけでなく、色々な体験も出来たな・・・・・・、
うんうん、・・・・・・(涙)。

と、思いこもうと努力しながら、
ミラコスタ前から羽田行きのリムジンバスに乗車。

飛行機で一路神戸へ~。
そして、待たせておったヒヨコ船長一家の愛車を拾い、
無事、帰宅~。

何はともあれ、
ヒヨコ船長一家、楽しく幸せなクリスマスでしたじゃ~(ホンマじゃって)。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-12-28 23:59 | 旅行
第三日目

懸賞で当選した、
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで目覚めたこの日は、
夫、隠遁ライダーより、少し早めに活動を開始。
そして、お出掛けの支度~。

お出掛けと言っても、
ホテル内のショップなのじゃが、
お土産探索をするのじゃ~。

ヒヨコ船長は、
キャラ物を持ち歩くというこたぁ、ほとんど無いもので、
「自分の為に、ディズニーリゾートで何か~」
っちゅう事はほとんど無いのじゃが、
お菓子をいくつか購入。
ついでに、
実家の愛犬ジュラランの為に、
見た目も手触りもほわほわしたミニーちゃんのライティングバッジを購入~。

ジュラランは、マロン色で、
暗くなってからの散歩の時は、気をつけなくては、夜に溶けてしまうんじゃ。
んで、ライティングバッジ登場~。

これをジュラランが着ておるお洋服なんかに付ければ、
存在感アップ間違いなしっ!!
事故防止にお役立ち~。

そんなミラコスタ内のショップで購入するお土産は、
種類は少ないが、並ばんで買えるところがホンマにエエ~!!

納得するまでお土産を選び、
両手イッパイのお土産を部屋に持ち帰ったヒヨコ船長。

今度は、それらや、食事の時用バッグ等、不要となった装飾品や衣類をセッセと荷詰め。
荷詰めとは言っても、
バッグの中へでなく、
ホテルの宅配センターで入手したダンボールの中へ~。

旅行の時は、大抵この戦法で行くのじゃが、
不要なモノは、宅配で送り、持ち歩かない主義なんじゃ。

それにしても、宅配って偉大じゃな~。
懸賞の当選品は、届けてくれるし、
旅行は、身軽にしてくれるし~。

すっかり荷物整理の出来たヒヨコ船長一家、
今度は、
予約しておるホテル内のメインダイニング、オチェーアノでビッフェの朝食~。

じゃがのぅ、
味もお店の雰囲気も、
前回ミラコスタに宿泊した時に比べて落ちている気が~?!

前回の宿泊時は、
もう少し、空間も贅沢に取っており(この日はクリスマスイブの忙繁期じゃから仕方無いが)、
テーブル等の調度も良かった気がするぢょい。

う~ん、
ちゅう事は、夜の地中海レストランとしてのオチェーアノの味も落ちておるのかのぅ?

以前、夕食に、ここで、コース料理を食べた時は、
そう悪くなかったのじゃが・・・・・・(但し、雰囲気が悪くない故に、アベックしかおらんかった~)。

隠遁ライダーのオヤジ友達の間では、
「この周辺では、唯一、普通のモノが食える場所」
と、評価されておったミラコスタ。

世のオヤジ達の為にも頑張ってくれろ~!!

今日の懸賞当選品
新潟県産コシヒカリ佐渡米5kg(地元スーパー・日本ミルクコミュニティ)
新潟県産コシヒカリ佐渡米5kg(地元スーパー・日本ミルクコミュニティ)
新潟県産コシヒカリ佐渡米5kg(地元スーパー・日本ミルクコミュニティ)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-12-27 23:59 | 旅行
第二日目

昨夜、調子に乗って、飲み過ぎ食べ過ぎを演じてしもうたヒヨコ船長一家。

この日はゆっくり目覚めて、ゆっくりモーニングへ~。

結局、舞浜の駅に着いたのは午前11時頃。

到着と同時に、夫、隠遁ライダーが目にしたのは、
「東京ディズニーランド及び、東京ディズニーシー、入場制限」
のお知らせ~。
次に入場できるのは、午後5時頃の予定・・・・・・って、
あ・・・・・・、あぁ・・・・・・、目眩が~。

確かに、まだ園内に入ってはおらんっちゅうに、
半端じゃ無い人の波~!!

ヒヨコ船長一家は、この日、ミラコスタに宿泊する事も有って、
入場制限はパス出来るとは思うが、
只でさえ、ディズニーリゾートを苦手とし、
「オヤジ殺し鼠地獄」と、怯えきっておる隠遁ライダーをどうしよ~?
果たして、この混雑の中で我慢できるんじゃろうか~?
さすが、クリスマスイブの前日の土曜日、しかも祝日。
侮れんわい。

考えれば考えるほどブルーになるヒヨコ船長。

じゃが、じゃが何とっ!
そんなヒヨコ船長に、
クリスマスの奇跡が~~~~~っ!!!!!

もともと、隠遁ライダーは、
要領良く、迅速に行動をせねば、ダメな性質。
そんな性格だからして、
他人に先んじられるだとか、頭を制されるなんて事は、普段からも有り得無~い!

のんびり屋のヒヨコ船長とは、全く真逆のキャラなんじゃ。

具体例を出すと、
数人で、椅子取りゲームなんかをする場合、
ヒヨコ船長は、イスを取れずにはみ出すタイプ。
隠遁ライダーは、同時に2~3脚は軽~く取れるタイプっちゅう事じゃ。

そんな隠遁ライダー、
ディズニーランドの人混みを見て、
怖じ気づくどころか、闘争本能に火が~!!

以降、
隠遁ライダーのディズニーランドでの活躍っぷりは、鬼神の如く・・・・・・(汗)。

東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターで、荷物を預けたヒヨコ船長一家、
いざランドに入園したのは、午後12時少し前。

12時10分からは、第一回目のディズニー・クリスマスドリームス・オン・パレードの予定。
じゃが、こんな直前では、もう無理~、
沿道に人垣が出来て、見る事叶わず~、
の筈が、
隠遁ライダー、人の盲点になっておるような、実にエエ、ビューポイントを見つけよるんじゃ。

なので、パレード直前に行ったにも関わらず、
滅茶苦茶楽しめたじゃ~(但し、ヒヨコ船長一家が、場所取りして以降、その背後が俄に混雑し出したがな)。

第二回目のディズニー・クリスマスドリームス・オン・パレードも、
東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツも上に同じく、とっても楽しめたぢょい~♪

おまけに、この日、女性用お手洗いは凄まじいばかりの長蛇の列じゃったのじゃが(一時は、一時間待ちも有り得たと思うじゃ)、
コレに関しても、
隠遁ライダー、
人の少ない、穴場お手洗い探しが実にウマイッ!!

んで、ヒヨコ船長は、この日、
お手洗いに関しては、長く並んでも10分程じゃったじゃ。

他にも、ヒヨコ船長が、ショッピングをしておる間にファストパスを取ってきたり(しかも、隠遁ライターが取った時間に限り、何故か誰も並んでおらんかったりする)、
「アンタは、キャストか~?!」
と言う程、
東京ディズニーランドを知り抜いておる行動の数々・・・・・・。

我が夫とは言え、何者じゃ?!
アンタは、ディズニーの申し子か~?!

おかげで、ヒヨコ船長の大好きな「プーさんのハニーハント」をはじめ、
アトランションも7つ体験~!

事前にアイリスさんに伺っていたサプライズパレードも見られたし、
クリスマスウィッシュ・イン・ザ・スカイも楽しめたしで、
大興奮~♪

ハニーレモンチェロスなんかを頬張りながら、
幼い頃親しんだ、ディズニー映画や、絵本の感想を言い合う時間も楽しかった~♪

結局、閉園時間までたっぷり遊び、
その後、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにチェックイン。

空腹を満たす為、
ルームサービスで、
部屋にて、遅いディナー。

実は、事前に、ミラコスタ内のレストランに予約を入れたのじゃが、
既に予約がイッパイじゃったので、
ルームサービスしか無いのぅ~と言う事に、相成ったのじゃ。

サーヴィスしてくれるお兄さんも居ない、
二人っきりのクリスマスディナーになってしまったのじゃが、
閉園後の静かなディニーシーを窓から眺めながらの食事もまた一興~!
ロマンティックじゃったよ~。

ココまでは、大人のクリスマスって感じ・・・・・・なのじゃが、
ここからは、おばはんのクリスマスって感じで・・・・・・。

本当はこの後、
マッサージ師さんを呼びたかったヒヨコ船長。

じゃが、
変にモミ返しが有っては明日のディズニーシーに差し障ると断念(年寄りクサッ)。

マッサージは、大阪に帰ってからのお楽しみに~。

それにしても、楽しい一日の〆がミラコスタだなんて、
ヒヨコ船長幸せじゃ~!!


今日の懸賞当選品
マルナカ商品5000円分(山陽マルナカ・伊藤ハム)
ライフセラジェルマスクシリーズサンプル(久光製薬)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-12-27 01:11 | 旅行
今月頭、
イトーヨーカドー、エスパ・コカ・コーラ、UCCのタイアップ懸賞により、
12月23日限定で、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの宿泊券が当選したヒヨコ船長。
23日と言えば、クリスマスイブの前日で、土曜日の、おまけに祝日と言った楽しい日~。

そこで、東京に行くついでに、
もう一泊、別のホテルを予約し、
夫、隠遁ライダーと、12月22日~24日のクリスマスイブ迄、2泊3日の東京旅行をする事に~!!

第一日目

この日、お昼頃に、
隠遁ライダーと、自宅を出発~。

向かうは神戸空港~。

そう、ワシら夫婦、大阪在住にも関わらず、向かうは神戸空港~。
隠遁ライダーにその理由を聞いたところ、
「神戸空港初体験~!」と言う、物見高さも手伝っての選択だったらしいのじゃが、
この空港は、伊丹空港に比べて、駐車料金が格安らしく、
それに惹かれての決定じゃそうじゃ。

初めての神戸空港は、とても小さなこぢんまりした空港じゃったが、
離発着する飛行機見物のアベックはイッパイ~!!
「そんなこたぁ、お見通しよ~」
と、言わんばかりに、キラキラして、背もたれ部分が、ハートの形をしておるラブチェアも1脚設置して有ったじゃ~。

珍しいモノ好きのヒヨコ船長、
早速そのラブチェアに座り、写真を1枚パチリ。

じゃが、よく考えてみりゃあ、
このラブチェアで、1人っきりで写真撮影したのでは、
設置者の意図からずれておる気がする。

そこで、
「のぅのぅ、隠遁ライダー、一緒にラブラブな感じで撮るのじゃ」
と、誘うと、
「誰がそんな事すんねんっ!!」
と、憤慨の返事~。

失礼なやっちゃ。
何で憤慨なんぢょ~。
まっ、照れてる事にしておいてやるわっ。フフッ。

等と、遊んでおる間に、搭乗時刻。

飛行機のシートに座り、
即座に爆睡。
次に目を覚ませば、そこはもう羽田~。

羽田からは、空港バスを使い、
東京都内某所へ。
そこから少し電車で移動をして、
予定しておった第1日目の宿泊ホテルに到着~!

このホテルは、
以前、ヒヨコ船長一家が東京暮らしをしておった時、
住んでおったマンションから近い場所に有るじゃ。

ホテル到着後、
そのホテルを足場にして、
ヒヨコ船長&隠遁ライダー、以前の生活エリア辺りを散策。

かなり様変わりしており驚いたのじゃが、
住んでおったマンションも、
毎日通ったポストもそのままで、
懐かしく、少し悲しくなったじゃ・・・・・・。
だって、東京生活の思い出は、楽しかった事や、エエ事しか無いんじゃも~ん。

その街での生活は、ヒヨコ船長には、
宝物のような日々じゃったんじゃよ~。

夕食は、東京在住時も入った事の有る、コジャレており、美味しい串揚げ屋さんへ~。
本当は、
当時行きつけておったお寿司屋さんに行きたかったのじゃが、
ノロ流行の時が時だけに、生ものを敬遠~。
せめて、旅行中だけでも、用心しておかんとのぅ。

じゃが、
串揚げやさんも変わらぬ美味しさで、テンションが上がりまくり~!!

一足早いクリスマスディナー気分でご機嫌♪

こうして、楽しくて、少し切ない東京での夜は更けて行ったのじゃ~。


今日の懸賞当選品
黒豆タピオカ餅・コフレ ド ショコラ(ハウス食品黒豆ココア)(当選通知のみ)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-12-25 23:53 | 旅行
第三日目

白川郷の巻

富山のホテル、桜ヶ池クアガーデンでエステを存分に楽しんだヒヨコ船長一家、
ホテルの好意により、チェックアウト時間を延長して貰っておったのじゃが、
予定通り1時過ぎには出発~。

この後、折角、富山迄足を運んだのじゃから、
富山観光をしたいのはやまやまじゃったのじゃが、
帰宅する時間の都合で断念~。

じゃが、富山では、おにぎり専門店に入り(福井県同様、食事を取れるようなお店が少うて、致し方なしに入ったのじゃが、ここがヒット!!)、富山米で握った、富山名物ホタルイカのおにぎりをオーダー。
意外な組み合わせの、意外なウマサに幸せ気分満喫~。

夫、隠遁ライダー等、富山米のあまりのウマサに
自分へのお土産にと、新米を購入した程じゃよ~。

こうして、福井、富山を見て歩き、食べて歩き、
後は、大阪に帰るだけとなったのじゃが、
帰路ついでに、岐阜で、白川郷に立ち寄る事に~。

そう、あの合掌造りの家々で有名な白川郷じゃよ。

そして、その白川郷が、
ヒヨコ船長にとてつもない衝撃を与える事になろうとは~。

まず、リアル白川郷を体験するまでの、
ヒヨコ船長のイメージ白川郷像は、
清らかな小川、
細い畦道、
広々と豊かな田、
村にはぽつりぽつりと、合掌造りの家々が有り、
その軒には、たくさんの干した大根が吊されて~。
っちゅう、鄙びた、じゃが、枯れ草や稲のエエ香りが辺り一面に漂いそうな感じかのぅ?

が、甘かった~!!

実際の白川郷はのぅ、
家という家、そのほとんどが、
民宿か、土産物店か、食事処。
もしくは、家の内部を公開して入場料をとっておるか、
合掌造りについて解説をして入場料をとっておるか。

農村では無く、
商人の村じゃった。

もっと、的確な表現をすりゃあ、
合掌造りをテーマに据えた、一大テーマパークっちゅうところじゃな。
さすが、ユネスコ世界遺産、ソツが無い~。

それにしても、てっきり、鄙びた農村じゃとばかり思っておった場所が、
一大テーマパーク・・・・・・。

いやぁ、ビックリしたのなんのって。
腰を抜かしたわい。

そのテーマパーク白川郷ランドで、
ヒヨコ船長、隠遁ライダーの大好物を発見っ!!

飛騨牛を串に刺して、焼きたてを食べる、
飛騨牛の串焼きなのじゃが(高山では、おやつ感覚で食べるらしい)、
隠遁ライダーは、昨年、
やはり懸賞で当選した、岐阜の高山旅行に行った折り、
コレを食べて、大好物になってしもうてのぅ~。
もう、大はしゃぎ!

いろいろなお店を巡って、各一本ずつ串を購入し、
食べ比べて楽しんどったわ。

それにしても、
余程嬉しかったのか、
目を閉じて、恍惚の表情で味わっておる様子、
お店のオッチャンが、ヒヨコ船長の方を見て笑うんじゃよ~。
恥ずかしいったら~。

とは言うものの、ココで飛騨牛の串焼きと出会えたのも、御仏のお導き~。

何とっ!!
隠遁ライダー、
この飛騨牛の串焼き食べたさに、白川郷から、高山まで、車をすっ飛ばそうと、密かに目論んでおったのじゃ。

ア・・・・・・、アホ~!!!
時間が無いから、富山観光も諦めたんやないかいっ!!

ホンマに、白川郷が白川郷ランドと変身を遂げ、
飛騨牛の串焼きを至る場所で販売してくれておって助かったわい。

白川郷ランドバンザ~イ!!

このように、
ヒヨコ船長一家は、飛騨牛の串焼き店を尋ね歩き、
アッ・・・・・・、いや、
白川郷内を散策し、
重要文化財に指定されておる、「明善寺」と「和田家」の見学を終え、
楽しかった福井、富山、岐阜旅行のラストとしたので有った~。

それにしても、
隠遁ライダー、明善寺で、囲炉裏にあたっておる姿、
似合い過ぎじゃったわ・・・・・・(汗)。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-11-27 23:59 | 旅行
第三日目

桜ヶ池クアガーデンでエステの巻

昨夜は、気持ち良く飲み食いし、
広々とした寝室の、寝心地の良いベッドで爆睡したヒヨコ船長一家。

この日は、ホテル内でバイキング形式の朝食を済ませた後、
やっぱりホテル内でエステ~。

まず、はじめにカウンセリング。

体調やアレルギーについてのアンケート及び問診(っちゅうか、聞き取り調査?)終了後、
血圧測定~。
ちなみに、夫、隠遁ライダーは高め。
ヒヨコ船長は低め。

が、問題が有る程の数値では無かったので、
いよいよエステスタート!!
ヒヨコ船長&隠遁ライダーは、ここで離ればなれに~。

本来なら、2人同じコースで施術して貰う予定じゃったのじゃが、
そのコースは、プールにも入らねばならんでのぅ~、
そこで、足の指負傷中のヒヨコ船長、
事前にホテルに連絡をしていたのじゃ。

「不慮の事故(実は、自分の不注意)で、足を怪我したのでプールに入れんようになったですじゃ。仕方ないので、足を濡らすようなコースは全てキャンセルしておくれですじゃ」

ヒヨコ船長は、これで十分、良かったのじゃが、
このホテル、とても親切な対応をしてくれてのぅ、
「では、ヒヨコ船長さんだけ、足を濡らさんコースに組みかえますじゃ」
と、言ってくれたのじゃ。

ワーイ、ワーイ。
これでヒヨコ船長も、エステがじっくり受けられる~♪

ちなみに、今回の施術、
実施予定時間、AM9:00~PM1:00。

スンゴイ長丁場~!!

で、どんな事をしたかと言うと、

隠遁ライダーの場合。
1 プール内を自分のペースで歩き回って筋肉をほぐす。水が噴き出している箇所が、何箇所か有るそうで、自分の弱体箇所をマッサージしたりも~。
2 インストラクターさんについて、プール内で簡単な体操を行う。
3 水流やジェット等、自動制御されておる一人用の浴槽に入り、全身の凝りを取る。
4 エステシャンの手による全身海草パックでお肌つやつやに~。
5 やはり、これもエステシャンの手による全身アロママッサージで、リンパの流れや血行を改善~。

ヒヨコ船長の場合。
1 隠遁ライダーが受ける5番目の施術と全く同様のアロママッサージ。
2 エステシャンの手によるフェイシャルマッサージ。
3 マイナスイオンを噴霧する、海底をイメージした薄暗く青~い部屋で、ビーチチェアのようなモノに横たわりリラックス~。

気持ち良かったげ~。

隠遁ライダーも、
「面白かった~」
と、大満足~。

ちなみに、
今回のこのホテル、
特別室の室料1泊分、
朝食代、
夕食代、
エステ代金、
これらがみ~んな、懸賞当選によりスポンサーさん持ち~。

ヒヨコ船長一家、今回も十分楽しめましたじゃ~。

これだから懸賞は止められないんじゃ~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-11-26 23:59 | 旅行
第二日目

東尋坊の巻

この日は、一乗谷、永平寺、丸岡城と見学を済ませ、
福井名物じゃというソースカツ丼と、丸岡蕎麦をランチに食したヒヨコ船長一家。

もう、充実の1日に大満足~。

ちなみにランチで食べたソースカツ丼、
メッチャウマ~!!
ヒヨコ船長、夫、隠遁ライダーと共に、大絶賛のお味~!!

もし、皆の衆も、福井に出向かれる事あらば、お薦め致しますじゃぞ。

昨日、今日、
ここまで、見る事、食べる事、
福井を存分に味わったヒヨコ船長一家。

じゃが、
最後に、もう一つ、
東尋坊をまわる事に~。

さて、ヒヨコ船長、初東尋坊の感想は・・・・・・?

「・・・・・・思ってたのと違う~」

ヒヨコ船長のイメージでは、
厳しくも、寒々とした、荒涼とした日本海。
目も眩むばかりの絶壁に白波が砕け散り~、
なんじゃったんじゃけどな~。

実際の、東尋坊は、
晩秋の夕刻にも関わらず、
穏やかな光に照らされて、波一つ無い凪いだ海。
その優しいマリンブルーは、遙か沖まで続いており~、
ヒヨコ船長、沖縄の万座毛か、
ハワイのダイヤモンドヘッドを思い起こしちまった程じゃ。

しかも、次々と訪れる観光客の多い事、楽しげな事~。

以前、訪れた経験の有る隠遁ライダーが言うには、
「波が有れば印象が変わるんじゃけどな~」

「フ~ン。」
じゃが、最早、そんな東尋坊は、想像出来んのぅ。
単に、穏やかな海のせいなのかも知れんが、
断崖絶壁感も、和歌山は白浜の三段壁の方が有ったような気が~(実際には、どちらの断崖が高いのかは知らんが)。

とにかく、東尋坊、ヒヨコ船長の中では、
本土の万座毛、
日本のダイヤモンドヘッド~。

とは言え、
それは、それで風光明媚で清々しい場所じゃったわい。
うん、良かった、良かった~。

この後、
宿泊予定の、富山のホテル、桜ヶ池クアガーデンに一直線~、
のはずじゃったのじゃが、
ナビが嘘をつきおってのぅ。

「桜ヶ池」と言う、標識を見つけてから、
3km程の所を10km程走らされてしもうた(疲)。

たかが7kmの事じゃと思うじゃろ?

じゃが、この7km、
山道に誘導されての7km。

途中、民家一つ無く、
すれ違う人も車も皆無。
辺りは、闇に閉ざされ、視界がきくのは、ヘッドライトが照らす範囲だけ。
一寸先は闇とはよぅ言うたものじゃ。
まさに、リアル一寸先は闇状態~。

もう、怖ぁて、怖ぁてのぅ、
ホテルの灯りが見えた時は、
東北なんかの伝説に有る、「マヨイガ」かと、思うたわ~。

「マヨイガ」っちゅうのは、ほれ、道に迷った者が辿り着く館の事じゃ。
じゃが、一旦その館から出て帰宅すると、
どう探しても、二度とそんな場所は、見つからんと言うヤツじゃ。

なんで、あんな場所にホテルを建てんね~ん!!

後で分かった事じゃが、正規の近道ルートでも、暗闇ルートなんじゃよ。

このホテル、ジモティでなけりゃあ、
日没後は、かなり発見難易度「高」じゃと見たっ!!

一関西人のヒヨコ船長一家にゃあ、
発見ハードルが高過ぎ~。

が、
中に入ると、
部屋は、リビングと寝室の二部屋有り、ビックリする程広いバルコニー付き(しかも、このバルコニーから、庭に出る事も可能)の特別室。
レストランでハムハムしたのフランス料理のコースも、なかなかの美味で得心~。
更に、別料金になるのじゃが、
オーダーした食前酒もイケた~!!

ってな訳で、
ヒヨコ船長一家、すっかりホッコリ幸せ気分に~。
「あ~、来て良かったのぅ~」

ん?
そう言やぁ、「マヨイガ」にも、すんごい饗応が待ち受けとるパターンも有ったはず・・・・・・。

まっ、まさかっ?!

一抹の不安と、幸せを抱えて、
富山の夜は、更けて行く~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-11-25 22:57 | 旅行