だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー

2006年 03月 05日 ( 1 )

「越路吹雪物語」

今日は、母、ランさんと、池端慎之介主演の「越路吹雪物語」に行ってきたじゃ。

スゴイ、スゴイと、あらゆる所から、聞こえてきておった舞台なので、
期待しての鑑賞~。

ところが、ストーリー自体には、大した山場もなく、
紀伝体で、越路吹雪を取り上げ、
それを編年体で、淡々と追って行く・・・・・・
ちゅう構成じゃった。

越路吹雪こと、コーちゃんの、
宝塚音楽学校時代から、死に至るまでの一代記。

んじゃあ、あれ程、
「とにかくスゴイ舞台~」
と、言われておったのは、一体・・・・・・?

んん~、
ヒヨコ船長が思うに、この舞台のスゴさっちゅうのは、
どんだけ、池端慎之介氏が、越路吹雪氏に似ておるか?
ちゅう、一点にかかっておるような気がしてならん。

観客も、舞台に蘇ったコーちゃんを見に来た、コーちゃんファンが多かったようじゃし~。

そう言う意味では、
メッチャクッチャ、激似じゃったようじゃ。

残念な事に、ヒヨコ船長、「リアルコーちゃん」を知らんので(生存期間はダブっておるのじゃが、コーちゃんは子供の見るような番組には出演せんので記憶に無いのじゃ)、
何とも言えないのじゃが、
上演中、特に、歌っておるシーン等では、至る場所から、
「そっくり~」
「似てる~」
「まさしくコーちゃんそのもの~」
と言う、ため息混じりの感想が聞こえてきておったじゃ。

「リアルコーちゃん」を知らぬヒヨコ船長でさえ、
「あぁ~、きっとコウちゃんって、こんな人じゃったんじゃろうのぅ~」
と、思ったぢょい。

そう、池端氏の熱演は、輝いておったぢょい。

そして、もう一人。
越路吹雪のマネージャー、岩谷時子役で出演しておった高畑淳子氏の演技が、これまたエエんじゃ~。

池端氏が、光輝いておるなら、
高畑氏は、いぶし銀の渋~い輝きを放っておったぢょ。

二人とも、役柄通りの輝きっぷりでサ~スガ~!!

来月は、シェイクスピア原作の喜劇、
「夏の夜の夢」がかかるようなので、これも見に行きたいのぅ~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-03-05 23:59 | 日常生活