だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2006年 02月 23日 ( 1 )

夫、隠遁ライダーの愛読書の一つに、福沢諭吉著「学問のすゝめ」が有るのじゃが、
この「学問のすゝめ」って、
その名は、誰でも知っとる大ベストセラーで有りながら、
なかなか中身まで精読されたという方は少ないんじゃないじゃろうか。

その証拠に、
福沢翁と言えば、つきまとうは「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」のフレーズ。
これ、福沢諭吉本人の言葉では無いと知っとりました~?

ヒヨコ船長は、知らなんだじゃ(恥)。

結婚当初に、隠遁ライダーに教えて貰ったところによると、
「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の後に、「云へり」という言葉が付くらしいじゃ。

つまり、福沢翁は、古人の言葉を引用して、
「『天は人の上に人を造らん、人の下にも人を造らん』と、言われておるのぅ」
と、おっしゃっておるらしい。

それでもって、この一節をきっかけに、自説を展開するらしく、
「そうは、言われておるのじゃけれど、実際にはそんな事無いわいっ。そやから学問を積まなアカンのじゃ」
と、学問を進めておられるらしい。

まっさに、学問のすゝめ!!

内容の骨子は、「学問と教育の必要と独立自尊」(久保忠夫)なのじゃが、
この内容なら、タイトルとピッタリ合致するのぅ~。

こんな有名な文言の使われ方も、理解しておらんかったヒヨコ船長。
反省、反省~。

しかし、隠遁ライダーよ。
結婚当初に、なぜこんな事を熱~く語っておったのじゃ?
それに関しては、いまだに謎じゃわい。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-02-23 23:59 | 日常生活