だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

七月大歌舞伎~

昨日頻繁に起こった目眩にも負けず、
行ってきたぢょい。
七月大歌舞伎~!!

演目は、
「鳴神」「橋弁慶」「義経千本桜」の三つ。

今回は、
エロ蔵が怪我で休演した為、
ラブリンが「鳴神」の鳴神上人を代演したのじゃが、
急なピンチヒッターにも関わらず、ラブリン、頑張っておりましたじゃ。

エロ蔵と言やぁ、
エロオヤジを演らしたら、
最近の若手の中では、右に出る者がおらん程ウマイッ!!(と、ヒヨコ船長は思っとる)ので、
ホンマは、エロ蔵の鳴神上人に期待しておったのじゃが、
ラブリンは、ラブリンらしい、
威厳と品の有る鳴神上人で良かったじゃ~。

じゃが、
何ちゅうても、
ラブリンらしさが一番出ておったのは、「橋弁慶」!!

品格とスマートさを持ち合わせた、美しい身のこなしの弁慶じゃったわい。

更に、ラブリン、
「義経千本桜」でも、三枚目役で出演しておったのじゃが、
ワシャ、ラブリンの三枚目役は初めて観ましたわいのぅ~。

ん、これまたなかなか良かったじゃ。

ホンマに身のこなしの美しい役者さんだけに、
うっとり見惚れますなぁ。

身のこなしの美しさといやぁ、
「鳴神」で、雲の絶間姫を演じておる孝太郎、
亡き夫との馴れ初めを語って聞かせるシーンが有るのじゃが、
その長い語り部分を、
座した状態で身悶えしながら、
驚く程、裾を乱さん立ち居振る舞い・・・・・・。
いやぁ、プロとはアッパレなモノじゃと思いましたわい。

ちなみに同じ事をヒヨコ船長がしたら、
膝上くらいまで乱れるは必定~!!(汗)
・・・・・・誰も見たないっちゅうねんっ!!

じゃが、
何ちゅうても、今回の公演は、
夫、隠遁ライダーのご贔屓、仁左衛門の「義経千本桜」平知盛~!!

一つ一つが絵になるんじゃよな~!!

銀平役も良かったのじゃが、
あの有名な場面っ!!
そう錨とともに海の藻屑と消えゆく、
錨知盛の下り。

ヒヨコ船長は、
壇ノ浦のその海を実際に見に行っただけに(芝居の中では大物浦になっておるが)、
胸キュ~ン。

そうそう、確か、20日が、
伊藤園でキャンペーンを打っておった「七月大歌舞伎ご招待」日のはず。

この懸賞で当選された方は、
是非、仁左衛門の知盛をお見逃し無く~!!
[PR]
by hiyokosencho | 2007-07-16 23:54 | 日常生活