だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

文楽で大興奮!!(多分)変な夫婦・・・・・・

今日は、
夫、隠遁ライダーと、国立文楽劇場に、文楽鑑賞に行ってきたじゃ。

演目は、
「二人禿」「嫗山姥 廓噺の段」「冥途の飛脚 淡路町の段・封印切の段・道行相合かご」じゃ。

良かったげ~。

うっとり~。

ただ、
隠遁ライダーともども、
「残念じゃったのぅ~」
と、言いあっておったのは、
竹本住大夫氏の浄瑠璃語りを聞けなかった事~。

ヒヨコ船長のミスで、
公演中の第一部と第二部の出し物を間違えてしまったんじゃ。

ヒヨコ船長一家のアイドル、住大夫様~、
四月には、必ず、再び国立文楽劇場での公演に行くからのぅ~。

それにしても、
今日の文楽は良かった、ハマった~!!

「二人禿」は、微笑ましく、可愛らしかったし、
「嫗山姥 廓噺の段」は、女性主人公、八重桐が、一瞬にして、鬼女の形相に変化するところが、これまたヒヨコ船長に似ておってのぅ。
とても他人とは思えんかったじゃ(汗)。
また、
「冥途の飛脚 淡路町の段・封印切の段・道行相合かご」は、
タイトルこそ、「恋飛脚大和往来」と違えど、
丁度、「封印切」の部分が、
現在、松竹座の新春大歌舞伎でもかかっておる。

新年早々、歌舞伎の「封印切」も鑑賞してきたヒヨコ船長一家は、
文楽の「封印切」と、比較鑑賞する楽しさも味わえて幸せ~♪

また、ヒヨコ船長は、
学生時代から、
歌舞伎鑑賞をする時ゃあ、
和装する事も、時々じゃったのじゃが、
歌舞伎に比べて文楽観客は和装率が高い~!!

そこで、
「来年からは、文楽こそ、和装でお出掛けじゃ」
等と、隠遁ライダーと話し合ったじゃ。

隠遁ライダーも、
自身、和装は、正式な羽織袴しか持っておらんので、
「もっと普段用の着物を購入して着ようかのぅ~」
等と盛り上がっておった。

ヒヨコ船長一家は、
夫婦二人とも、
着物好き、文楽、歌舞伎好きの親に育てられたせいで、こんな会話が成立するのじゃが、
それにしても、
義大夫、人間国宝、竹本住大夫氏に、
夫婦でゾッコンな部分なんかは、
かなり、同年齢の夫婦の中では浮き上がっておると思うじゃ(こんな自分たちがチョット嫌)。

まっ、いいか~。

その後、
ミナミを、隠遁ライダーと、暫しデート。

ついさっき鑑賞したばかりの、
「冥途の飛脚」の主人公、飛脚屋、亀屋忠兵衛が、
恋仲の遊女、梅川を身請けしたい一心で、
御用金の封を切ってしまったが為に、
仕置きを受けた千日前なんかも通り、しみじみしちまったじゃ(千日前は江戸時代は刑場じゃったのじゃ。忠兵衛はそこで刑死するんじゃよ)。

この後、
いったん自宅に帰ると、
趣味にしておる懸賞の当選品が~!!

一つは、
ゼファーマから、「システィースホワイトプレゼントキャンペーン」で、
ネイルケアセットが当選~!

そしてもう一つは、
ジャパン、サントリー、サントリーフーズから、「呑んで!飲んで!大感謝祭プレゼントキャンペーン」の山形県産和牛しゃぶしゃぶ肉モモ400gの当選通知~!

何だか、
今日はエエ感じ~♪

この後も、
隠遁ライダーに付き合って貰い、
スーパーマーケット巡りを楽しんだり、
指圧に行ってほっこりしたり、
一日、楽しかったじゃ~。

ただ、最後の最後で、
結婚祝いに頂いた、
ウエッジウッドのお気に入りのカップを粉々にしちまったのじゃが・・・・・・(汗)。

ついておる日でも、ラストまでそのまま突っ走れないのが、
ヒヨコ船長なんじゃよな~(悲)。


今日の懸賞当選品
ネイルケアセット(ゼファーマ)
山形県産和牛しゃぶしゃぶ肉モモ400g(ジャパン・サントリー・サントリーフーズ)
[PR]
by hiyokosencho | 2007-01-20 23:59 | 日常生活