だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「NANA」の感想は・・・・・・

今日は、
夫、隠遁ライダーの帰宅が遅く、
久し振りにテレビを独占~!!

で、何を見たかというと、
邦画「NANA」。

これは、少女漫画が原作で、
原作、映画とも、すんごいヒット作じゃと言うのは知っておったのじゃが、
ヒヨコ船長、実際に接するのは初めて~!

もともとヒヨコ船長は、
映画化、ドラマ化される物に関しては、原作から目を通したがるタイプなので、
このように、映画から入るのは珍しいかも~?

んで、感想なのじゃが、

・・・・・・。

出てたよのぅ・・・・・・。
松田龍平・・・・・・。

彼が気になって、ストーリーを追えんかった・・・・・・。

いや、ヒヨコ船長は別に松田龍平氏のファンじゃと言う訳では無い。

ただ、松田龍平氏を見た時は、
絶えず或るモノの影がちらつくのじゃ・・・・・・。

そもそもの始まりは、
大島渚監督が、メガホンを取った新選組の映画が有ったじゃろぅ?
確か、タイトルは「御法度」じゃったかのぅ?
松田龍平氏のデビュー作じゃったように記憶しておるのじゃが、
もしかしたら違ったかもしれん・・・・・・。

その映画の完成に当たって、
松田龍平氏は、こう言い放ったのじゃ~!

「たまたまキレイな顔に生まれてきたから~」(←松田龍平氏本人の事じゃ)

その時は、ヒヨコ船長、
「イッ?」
と、思った程度じゃったのじゃが、
その後暫くして、ピアじゃったか、Lマガジンじゃったかを読むと、
或るライターが、
その松田龍平氏のセリフを受けて、
「キレイな片桐はいりのような顔」
と・・・・・・。

これを見た時、ヒヨコ船長は思ったぢょい。

「あぁ~、コレじゃ、コレ。ヒヨコ船長が引っかかっていたのはコレなんぢょ~。はぁ~、胸のつかえがおりたわい~」

特に、ヒヨコ船長は、
松田龍平氏のファンでもなけりゃあ、アンチでもない。

じゃが、
「キレイな顔」宣言を聞いた時に、
「ん~?もっと、違う表現が有るじゃろ~!!」
と、モヤモヤしたモノを抱いていたんじゃよなぁ~。

片桐はいり顔。

この一言で、スッキリサッパリ。

そうか~、
松田龍平、キレイめ、片桐はいり顔也~。

じゃが、以来、
松田龍平氏を見ると、
ヒヨコ船長の脳裏にゃあ、
片桐はいり嬢のお姿がちらつくんじゃよなぁ~。

「NANA」のようなラブシーンの多い役回りで、
片桐はいり嬢がチラチラしたらぶち壊しじゃろ~っ!!

てな訳で、
ヒヨコ船長、
松田龍平氏の存在感に負けてしまい、
本日の「NANA」の感想は、
・・・・・・、
と、相成りました~!!(汗)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-12-11 23:59 | 日常生活