だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

福井、富山、岐阜旅行 その7富山・岐阜編

第三日目

白川郷の巻

富山のホテル、桜ヶ池クアガーデンでエステを存分に楽しんだヒヨコ船長一家、
ホテルの好意により、チェックアウト時間を延長して貰っておったのじゃが、
予定通り1時過ぎには出発~。

この後、折角、富山迄足を運んだのじゃから、
富山観光をしたいのはやまやまじゃったのじゃが、
帰宅する時間の都合で断念~。

じゃが、富山では、おにぎり専門店に入り(福井県同様、食事を取れるようなお店が少うて、致し方なしに入ったのじゃが、ここがヒット!!)、富山米で握った、富山名物ホタルイカのおにぎりをオーダー。
意外な組み合わせの、意外なウマサに幸せ気分満喫~。

夫、隠遁ライダー等、富山米のあまりのウマサに
自分へのお土産にと、新米を購入した程じゃよ~。

こうして、福井、富山を見て歩き、食べて歩き、
後は、大阪に帰るだけとなったのじゃが、
帰路ついでに、岐阜で、白川郷に立ち寄る事に~。

そう、あの合掌造りの家々で有名な白川郷じゃよ。

そして、その白川郷が、
ヒヨコ船長にとてつもない衝撃を与える事になろうとは~。

まず、リアル白川郷を体験するまでの、
ヒヨコ船長のイメージ白川郷像は、
清らかな小川、
細い畦道、
広々と豊かな田、
村にはぽつりぽつりと、合掌造りの家々が有り、
その軒には、たくさんの干した大根が吊されて~。
っちゅう、鄙びた、じゃが、枯れ草や稲のエエ香りが辺り一面に漂いそうな感じかのぅ?

が、甘かった~!!

実際の白川郷はのぅ、
家という家、そのほとんどが、
民宿か、土産物店か、食事処。
もしくは、家の内部を公開して入場料をとっておるか、
合掌造りについて解説をして入場料をとっておるか。

農村では無く、
商人の村じゃった。

もっと、的確な表現をすりゃあ、
合掌造りをテーマに据えた、一大テーマパークっちゅうところじゃな。
さすが、ユネスコ世界遺産、ソツが無い~。

それにしても、てっきり、鄙びた農村じゃとばかり思っておった場所が、
一大テーマパーク・・・・・・。

いやぁ、ビックリしたのなんのって。
腰を抜かしたわい。

そのテーマパーク白川郷ランドで、
ヒヨコ船長、隠遁ライダーの大好物を発見っ!!

飛騨牛を串に刺して、焼きたてを食べる、
飛騨牛の串焼きなのじゃが(高山では、おやつ感覚で食べるらしい)、
隠遁ライダーは、昨年、
やはり懸賞で当選した、岐阜の高山旅行に行った折り、
コレを食べて、大好物になってしもうてのぅ~。
もう、大はしゃぎ!

いろいろなお店を巡って、各一本ずつ串を購入し、
食べ比べて楽しんどったわ。

それにしても、
余程嬉しかったのか、
目を閉じて、恍惚の表情で味わっておる様子、
お店のオッチャンが、ヒヨコ船長の方を見て笑うんじゃよ~。
恥ずかしいったら~。

とは言うものの、ココで飛騨牛の串焼きと出会えたのも、御仏のお導き~。

何とっ!!
隠遁ライダー、
この飛騨牛の串焼き食べたさに、白川郷から、高山まで、車をすっ飛ばそうと、密かに目論んでおったのじゃ。

ア・・・・・・、アホ~!!!
時間が無いから、富山観光も諦めたんやないかいっ!!

ホンマに、白川郷が白川郷ランドと変身を遂げ、
飛騨牛の串焼きを至る場所で販売してくれておって助かったわい。

白川郷ランドバンザ~イ!!

このように、
ヒヨコ船長一家は、飛騨牛の串焼き店を尋ね歩き、
アッ・・・・・・、いや、
白川郷内を散策し、
重要文化財に指定されておる、「明善寺」と「和田家」の見学を終え、
楽しかった福井、富山、岐阜旅行のラストとしたので有った~。

それにしても、
隠遁ライダー、明善寺で、囲炉裏にあたっておる姿、
似合い過ぎじゃったわ・・・・・・(汗)。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-11-27 23:59 | 旅行