だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ヒヨコ船長一家、メールの中身

今日は、JR東海の静岡駅でで不幸な人身事故が有ったのぅ~。

丁度、折しもその時刻、
夫、隠遁ライダーも、新幹線で東京に向かっておるところじゃったので、
掛川駅で、新幹線に2時間閉じこめられたそうじゃ。

その間、あまりに手持ちぶさたじゃったのじゃろう。

ヒヨコ船長に送ってきたメール。

「千代殿見当たらず」
と言う、文面と共に、狂歌一首。

事故の為、新幹線に閉じこめられにし時、詠みし歌。

「検証に時間掛川新幹線富士も見えではするがことなし」

ちなみに千代殿と言うのは、山内一豊の妻じゃな。
その昔、一豊は、掛川城主で有ったのじゃ(現在、丁度NHKの大河ドラマ「功名が辻」で放映中)。

せっかくの掛川に長く止まっていても、
事故検証に時間がかかるばかりで、
千代殿に会える訳でも、富士山が見られる訳でもない。
駿河に居るのに、する事も無く何事も無い(掛川の「掛」と共に、ココも、掛詞なんじゃと)。
ただ、無為な時間ばかりが過ぎていく。

って感じの内容かのぅ?

で、
ヒヨコ船長も、早速メールで返信じゃ~。

ヒヨコ船長、返し。

「検証に時間掛川新幹線富士は無くとも山の内」

事故検証に時間ばかりかかり、掛川で足止めをくっているようだが、
富士山こそ見られないものの、
其の地は、他の山々に囲まれた山内家の領内でしょう?
富士山は目に入らなくても、チャ~ンと山内領内の、山の内に居るのですよ。

少しでも、心癒されればと、
缶詰状態の夫を気遣って、メールの遣り取りをするヒヨコ船長じゃったのじゃが、
よぅ考えりゃあ、こんな狂歌で、
ホノボノする家族っておるのじゃろうか?

やっぱり、気配りの方向性が、どこか変か~?!(でも、隠遁ライダーも変な奴~)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-10-25 23:59 | 日常生活