だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

逃がした魚は、坂田利夫

今日は、先日、イズミヤ・グリコグループのタイアップ懸賞で当選した、吉本新喜劇に行ってきたじゃ~!

花月オリジナルのお弁当と、お茶も付けてくれ、至れり尽くせり~。

舞台は、前半1時間が、漫才と落語。
後半1時間が、新喜劇じゃ。

出演者は、前半が、
りあるキッズ
コメディーNO.1
桂きん枝氏
今いくよくるよ氏。

そして、後半は、
内場勝則氏を座長に据えた、池野めだか氏、桑原和夫氏、末成由美氏、浅香あき恵氏等。

ヒヨコ船長、1階、4列目、マイク正面、ど真ん中席で、
生まれて初めて、「生アホの坂田師匠」の舞台芸を拝見したじゃ~!!

以前、ミナミの、スナックやらラウンジやらがひしめいておる雑居ビルでなら、お見かけしたことが有ったのじゃが、
その時は、韓国クラブのホステスさんと、
韓国語で話されておったのぅ。
シブかったぢょ!

さて、この坂田師匠、
実は、数年前になるのじゃが、
やたら、ヒヨコ船長一家の日常会話に頻出しておった事が有ったのじゃ。

当時、ヒヨコ船長には、よく遊んで頂いておった先輩独身女性がおったじゃ。
この女性Sさん、
美しく、スラッとスタイルも良く、仕事も出来て、料理も得意と言う、スーパーマン的女性で有ったじゃ。
その上、一番素晴らしいのは、そのお人柄。
懐が深いと言うか、達観しておられると言うか、
とにかく、女性として、人として、憧れる女性じゃった~。

そんな彼女に、ある日、
「坂田利夫なら紹介してあげられるんだけど~」
と、言う、男性出現。

何でも、その方のお父上が、坂田利夫氏と懇意じゃったとか・・・・・・。

「エェ~!坂田師匠を紹介~?!Sさん~、これは乗っておくべきですじゃ~、Sさんの為にも、坂田師匠の為にも~。お願いっ!Sさんっ!坂田師匠と結婚して~!!」
と、坂田師匠ファンの、ヒヨコ船長一家は、熱く懇願したのじゃが、
その願いも虚しく、Sさんには、笑ってかわされたのであったじゃ。

いや~、
今考えても、あの話は勿体無かったのぅ~!

今宵の舞台を見て、
再確認したヒヨコ船長であった~。


今日の懸賞当選品
銀座千疋屋デザートパフェギフトセット当選通知(ダイエー・グルメシティ・雪印乳業・日本ミルクコミュニティ)
パティスリープラネッツ生ケーキスペシャル(イズミヤ・ライオン)
のどごし<生>350ml缶4本・のどごし<生>オリジナルぐっさんグラス2個(キリンビール)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-17 23:59 | 日常生活