だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

厳選された商品の末路

昨日、夫、隠遁ライダーの為に購入した、シャツやら、帽子やらが、
今日、配送され、無事到着っ!!

今回、購入した物の中でも、隠遁ライダーの為に厳選した帽子は
ヒヨコ船長の自信の一品。

「喜ぶじゃろうなぁ~」

一人、
「クククッ」
と、忍び笑いなぞ漏らしながら、隠遁ライダーの帰宅を待ちわびるヒヨコ船長、
エエ嫁じゃ~。

そして、いよいよ隠遁ライダーの帰宅。

ヒヨコ船長       「ねっ、見て見てっ!昨日、購入した、隠遁ライダーの帽子が届いたんじゃよ~」

隠遁ライダー     「開封してみっ」

ヒヨコ船長       「よっしゃ!」

ジャ~ン♪
隠遁ライダーの前に、得意気になって、帽子を広げるヒヨコ船長。

さて、隠遁ライダーの反応は・・・・・・、

一目見るなり、音速での拒絶。
「嫌じゃ~!!ワシ、絶対、使用せんからな~」

ヒヨコ船長       「エッエ~?!何でじゃ?ヒヨコ船長、この帽子を選ぶのに、あっちのショップ、こっちのショップと、色々なショップを巡り巡って、3時間もかけたんぢょ~!それを『有り難う』の一言も言わず、いきなりの暴言、聞き捨てなら~ん!!!」

隠遁ライダー     「だって、『有り難う』とか、『スマンが』っちゅうのを超越した悪意を感じる帽子なんじゃもん~」

ヒヨコ船長       「えぇ~い、まだ言うかっ!!とにかく、一回被ってみるんぢょい!絶対、似合うはずじゃからなっ!」

隠遁ライダー     「嫌や~、そんな<スズキ帽>、絶対被らんからな~っ」

ココで言う、<スズキ帽>とは、ソニーのプレーステーションソフト、「みんなのゴルフ」一連のシリーズ登場する、日本人オヤジゴルファーを、過大に戯画化したキャラ、スズキの被っておる帽子の事じゃ。

どうやら、隠遁ライダーには、
ヒヨコ船長セレクトの帽子が、<スズキ帽>に見えるらしい。

ヒヨコ船長       「何言うてんねんっ!この帽子のどこが<スズキ帽>なんじゃ!!このブランドの日本でのイメージキャラとして、パンフで、これと同型の帽子を被ってんのは、もこみちなんじょ!もこみちが<スズキ帽>なぞ被るかっ!!」

しかし、何をどう言っても、隠遁ライダー聞き入れず、
仕方が無いので、ヒヨコ船長、兄弟夫婦に電話を入れ、
「ヒコ船長一家で、使わん帽子が有るんじゃけど、要らん~?」
等と、売り込みに必死になる事に~。

ヒヨコ船長       「ハァァ~、誰の為に、こんな苦労をしておると思っているのじゃ?!」

隠遁ライダー     「えぇ~?こんな変な帽子を買ってきてて、よく言うのぅ~」

ヒヨコ船長       「だから~、それは、変な帽子や無いぢょいっ!<もこみち帽>やっちゅうてるやろ~!」

隠遁ライダー     「うぅ~ん、じゃ、これは、きっと素人は被ったらアカン帽子なんじゃ~。もこみちのみが許される帽子なんじゃ~」

ケッ!
そんな帽子がどこにある~?!?!

ちなみに、この帽子のブランド名、秘匿権を行使させていただきやす。
だって、ヒヨコ船長一家では、<スズキ帽>の称号を与えちまうという、
屈辱的な扱いをしちまったもので、
今更、言えな~いっぢょい!!
[PR]
by hiyokosencho | 2006-06-13 23:59 | 日常生活