だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

御仏出張制度

昨日に引き続き、
大念仏寺の感想をば・・・・・・。

果たして、ヒヨコ船長が大念仏寺で見つけた、既存の仏教観を覆す新しきデーターとは?

まず、
いよいよ臨終を迎える信徒に対し、
阿弥陀浄土から迎えに来て下さる25菩薩の様子を模した「万部おねり」の様子は、
昨日のブログに書いた通りなのじゃが、
その25菩薩の皆様方が、臨時に作られた、本堂へと繋がる橋の上を練り歩き、
次々と本堂に消えた後、
融通念仏宗、大本山大念仏寺で、一番エラ~イお坊さんが、
やはり同じ場所を、懐に大念仏寺のご本尊を抱き、練り歩き、
本堂に入って行くんぢょい。

エェ~!!
普通、どの宗派でも、ご本尊を持ち歩く、もしくは動かす、触るでさえ、
余程の事情が無い限り、聞いた事が無いっ!!

それが融通念仏宗では、
一年の内、必ず「万部おねり」の際は、実行されておるのじゃ。

しかも、この「万部おねり」は、
連休中に数日間催される行事の為、
ご本尊は、数日間に渡って、移動しまくる訳じゃな~。

何と、アクティブなご本尊で有る事よ~。

これには、ヒヨコ船長、大いに戦いた~!!

しかし、宝物館を拝観して、
「この宗派なら、それもあり得るのぅ~」
と、納得~!

以前より、こちらのご本尊は、
干魃、虫等、
人々の生活に支障きたす、災いが起こった時、
信徒の要請に応じて、その場へ出張されておったのじゃ。

スンバラシ~!!

何と、身軽なご本尊で有る事よ~。

しかし、悩める衆生の元へ現れ、慈悲をお与え下さる事こそ、
御仏の職務で有り、本分。

そう言った意味では、仏教精神の根元を見た気がしたわい。

以前、奈良の女人高野と通称される室生寺、五重塔が、台風で倒壊した折り、
その再建の為の資金集めに、
室生寺の御仏総出で、東京の国立博物館だったか、何だかに、
出稼ぎに行かれておった時も感動したが(自ら、再建資金調達の為、出稼ぎされるとはエライッ!!)、
今回も、ヒヨコ船長的にはかなりの感動~!!!

大念仏寺のご本尊ってエライ~!!

しかし、まだ、この寺には、ヒヨコ船長の仏教知識を凌駕する菩薩様の存在が~!!

続く~!
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-02 23:59 | 寺社巡り