だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「万部おねり」

昨日のブログで書いたように、
連休に入ってからは、一人で遊びまくっておる、夫、隠遁ライダー。

そんな隠遁ライダーに、
遂に正義の鉄拳が下された~!!

ヒヨコ船長の不機嫌砲じゃ~!!!

これには、さすがの隠遁ライダーも、生命の危機を感じたようで、
「ヒヨコ船長、今日は、一緒に『万部おねり』に行かへんか~?」
と、言い出した~。

皆の衆は、「万部おねり」なるモノをご存知だろうか~?

これは、毎年、融通念仏宗の本山、大阪、平野の大念仏寺で行われる仏教行事なのじゃが、
元は、奈良、當麻寺の「練供養会」を真似たものじゃと言われておる。

當麻寺の、「練供養会」は、
信徒の臨終に際して、
信徒を阿弥陀浄土に導く25人の菩薩の様子を、
人々が25菩薩に扮し(結構、コワイ)、
曼陀羅堂(浄土を表している)から、娑婆堂(この世を表している)へ来迎し、
中将姫(平安期、當麻寺で尼僧になった女性)や信徒を迎え、
再び、彼らとともに、曼陀羅堂(浄土)まで、橋の上を練り歩く事で表す仏教行事じゃ。

それを真似た、大念仏寺の「万部おねり」も、
25菩薩来迎の様子を表した、だいだい似たようなものじゃが、
「万部おねり」の方は、お練り歩きする橋の終点が本堂になっており、
25菩薩は、そこで(本堂)で供花するのがメインらしい。

「行きた~い!!!」

寺男ならぬ、
寺社仏閣大好き、寺ヒヨコ。

まんまと、隠遁ライダーの、
「ヒヨコ船長、ご機嫌取り結び大作戦」に
乗せられてしまう~。

しかし、寺社仏閣データー収集は、
何事にも変えられぬヒヨコ船長のライフワーク。

ここは腰を上げねばなるまいて。

そして、その決断は◎。
何とっ!ヒヨコ船長、
大念仏寺では、未知の分野の全く新しい仏教データーを手に入れる事となる~!!

十把一絡げに、やれ仏教じゃ、やれ鎌倉仏教じゃと言っても、いろいろ有るんじゃな~。
それは、まさしく、ヒヨコ船長の思いもつかん世界・・・・・・。

続く~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-05-01 23:59 | 寺社巡り