だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ポップサーカス

今日は、先日、万代・伊藤園のタイアップ懸賞で当選した、ポップサーカスに行ってきたじゃ。

サーカスは、昨年だったか、一昨年だったか、
やはり、懸賞で当選した木下大サーカス以来~。

いやぁ、団は変われど、
あのサーカステントの中の薄暗い照明と言い、
出演者の妙にけばけばしい衣装と言い、
怪しさ満点っ!!

いいなぁ~。
ヒヨコ船長的には、江戸川乱歩の世界を彷彿してしまうぢょい。
怪しげで退廃的な感じが~。

勿論、演目そのものも楽しかったぢょ。
ワンコは数匹出演しておったが、その他は全て人間によるショー。
猛禽類等は、おらんかったじゃ。

しかし、猛禽類等おらんでヨロシ。
ヒヨコ船長とて、ヒトには飼い慣らされぬ生き物。
何も無理して、猛禽類を飼い慣らす必要もあるまいて。

前回、行った木下大サーカス、
ステージに鉄柵を張り巡らし、猛獣ショーが有ったのじゃが、
その日は、猛獣君達のご機嫌が悪かったようで、
なかなか始まらん。

いやぁ、ハラハラしたぢょ。

調教師が、ムチで指示をだすのじゃが、
「うぜぇ~」
と、言わんばかりに、唸り威嚇する猛獣君達。

その前の演目が、キリンのお食事ショー(ステージにキリンを上げ、観客からエサを貰う)だけに、
「今度は、猛獣君達のお食事ショーが始まったらどないすんねん~」
と、手に汗握ったヒヨコ船長であった(勿論、そんな事にはならなかったが)。

しかし、今回、再びサーカスを見て、わかった事が一つある。

それは、
「ヒヨコ船長が、サーカス団に就職しても、出来る仕事が何一つ無いじゃろなぁ~」
って事。

「出来るとしたら、あの仕事位じゃな」
と、進行の男性を指したら、
ヒヨコ船長の兄弟に、
「姉ちゃん~、あの人は、団長やと思うぢょ」
と、返されてしまった・・・・・・。

やっぱり、ヒヨコ船長には、観客以外のポストは、用意されておらんようじゃ~。

と、ヒヨコ船長、サーカス団就職無謀論は、諦めるとして、
連れて行った面々も、みんな楽しめたようで良かった~。

万代さん、伊藤園さん、ポップサーカスの皆さん、有り難う~!!
[PR]
by hiyokosencho | 2006-04-22 23:59 | 日常生活