だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大阪旅行~?! その4

またまた電車に揺られて、梅田に着いたヒヨコ船長一家。

目指すは、三番街シネマ。

そして、そこで見ようとしておる映画は、
「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」!!

フフフッ・・・・・・、
夫、隠遁ライダーは、「北斗の拳」マニア。
そして、ヒヨコ船長も、少々なら嗜んでおりますじゃ。

何と行っても、結婚前、二人で食事をしておる時、
どうしてそうなったかは定かではないが、
なぜか「北斗の拳」が話題に上り、
それにある程度、受け答えするヒヨコ船長に、隠遁ライダー大感激~の前歴が有るのじゃ(隠遁ライダーにとっては、これが結婚するに至ったの決め手だったのかも?)

今回の「北斗の拳」は、原作には無いレイナという新キャラが登場する事もあり、
「本筋とは別の、ラオウの知られざるエピソードでも描かれておるのかのぅ?」
と、思っておったが、大間違い!

映画のストーリーそのものは、
原作でも、テレビアニメでも描かれておった南斗鳳凰拳の使い手サウザーを描いておった部分が骨子じゃ。
特に、新しいネタは無し。

レイナという新キャラも、後々原作を揺るがさんように出来ており、
重大な役どころ等は、皆無。
ただ、ラオウの幼なじみで部下、そして彼に、ひそかに思いを寄せておるというだけの設定じゃ。

うむむむむむ~、
期待しておったような、新しい展開は無かったぢょい・・・・・・。

しかも、レイナのキャラクターデザインは、原哲夫氏では無く、北条司氏じゃったし~。

ただ、目新しい事は無かったとは言え、
声優陣も一新された事じゃし、
マニアは、見ておいても良いと思うぢょ。

こうして、馬鹿夫婦二人組、「北斗の拳」の感想を語らいつつ、
又、電車に揺られて、ホテルニューオータニ大阪までご帰還。

ホテルのパーキングから車を出して、
今度の今度こそ、帰宅かと思いきや、
「まだ指圧をやり残しておる」
と、隠遁ライダー。

結局、自宅近くで、マッサージ1時間30分コース。
二人で、約16000円也~。

じゃが、この価格、全然高い気がしないぢょ~(イヨッ、太っ腹ヒヨコ船長)。

なぜなら~、
ホテルのパーキングでの恐ろしい精算額、27000円に衝撃を受けてしもうたからじゃ(ヒヨコ船長一家は、前日に宿泊しておるので、1200円で済んだのじゃが~)。
駐車代に、27000円払うなら、16000円のマッサージ代なぞ安いものじゃ~、
それに気持ちエエしのぅ。

マッサージが終わり、自宅に戻れば既に12時。
一泊二日、大阪人の大阪旅行、
充実、そして満足~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-03-29 19:49 | 旅行