だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

恐怖体験2連発!!

恐怖に、身の毛もよだつ、
ヒヨコ船長のブログにようこそ~。
うひょひょひょひょひよ~。

また、嘘をついてしまいましたじゃ(汗)。

しかしっ!
本日、ヒヨコ船長が、
恐怖体験をしたのは本当ぢょい~。

しかも、2連発じゃ~。

まず、1発目。

今日、ヒヨコ船長は、夫、隠遁ライダー実家のお墓参りをする日じゃった。
これは、月2回有る恒例のヒヨコ船長のお仕事。
しかし、いつもの如く、お墓に着くと、
今日は、珍しく閑散~。

「毎回、水場は混雑して大変なのに、今日はヒヨコ船長だけ~?ラッキー♪」

ところがぎっちょん、
それがそうで無かったんじゃな~。

花入れを洗おうと、水場に行くと、

「ン?ンン~?」

水場正面ベンチに横たわる、お昼寝中のオジイ発見!!

へっ?
昼寝?何で?
ここ、墓地なんですけれど・・・・・・?
何で墓地で昼寝~?

何だかよくわからんが、怪しい・・・・・・、怪しすぎるっ!!

オジイよ、一体アンタ何者?

そんな所で眠っていると、場所が場所だけに、このままあの世に行っちまいそうで、怖いぢょ、オジイ~。

得体の知れんオジイ、
得体の知れん緊張感に、
ヒヨコ船長、完全フリーズ。

こんなオジイと、墓地に二人きりになる位なら、
独りぼっちで墓地におる方が何ぼかマシぢょい~!!

はぁ~、怖かった~。

次に2発目。

ヒヨコ船長、夕刻になり、買い物に出かけようと、
自宅マンシヨンのエレベーターに乗り込むと、
既に、可愛い先客が~。

小学校の中学年位で有ろうか、
ジャージ姿の女の子が一人。

ところが、この女の子、
二人っきりのエレペータで、ヒヨコ船長の背後を取り、
「ハァ~、ハァ~、ハッハッハツハァ~」
と、やたら激しい息遣い~。

「花粉症による鼻づまりで息がしにくいのかのぅ?」
とは、思うものの、
過去、幾度と無く出会った、通学電車内での痴漢、変態の類を思い出したぢょい~。

勿論、そんな話と、乗り合わせた女の子は無関係じゃ。
しかし、それを彷彿とさせる息遣い。

結構、怖い~。

それがきっかけとなって、久し振りに、友人の、エレベーター内での恐怖体験まで思い出してしもた。

友人(当時一人暮らし)の恐怖体験。

それはのぅ~、
バイト帰りの深夜、
一人、自宅マンションのエレベーターに乗り込もうとすると、
サッと続いて乗り込んできた兄やん一人。

その後、友人は、
エレベーターという密室の中で、

「ストッキング頂戴~。その、今履いているストッキング脱いで頂戴~」
と、その兄やんにしつこく迫られたそうな。

はぇ~、
マニアの世界は、多種多様、奥深いものじゃのぅ~。

・・・・・・、いやいや、そんな事に感心しておる場合ではないわっ!

世間では、あまりに周囲を警戒し過ぎる女性に、
「自意識過剰~」
なんちゅう言葉を使ったりするのじゃが、
そうならざる得ない程、
若い女性は、様々なイヤ~な体験を受けてきておる人が多いんじゃよ~ん。

故に、殿御は特に、あらぬ疑いをかけられぬよう、電車内及びエレベーター内の息遣いには、くれぐれもご注意召されよ~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-03-15 23:59 | 日常生活