だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フィギュアスケートの不思議

トリノ冬季五輪、ついにフィギュア女子で、荒川選手が、金メダルを獲得しましたなぁ。

パチパチパチ。

ヒヨコ船長は、元々が怠け者。
リラックス大好き人間~。

だから、自分が努力もせんで他人にばかり努力を強要したり、自分に出来ん事を他人に期待したりする事は、まず無い。
ましてや、傍観者の立場でおりながら、一人の人間に国を挙げての期待を背負わせるなんて事、ぜ~ったい無い!!!

そんなヒヨコ船長なので、オリンピックも、
応援はしておるが、
「競技者本人の為に頑張れ~」
てな程度。

とは言うものの、やはり、
日本に「金メダル」が持ち帰られると言うのは、嬉しいものじゃな~。

世界中の人々が注視しておる中での「君が代」は、ジ~ン。

ゴールドメダリストの荒川選手だけでなく、
4位の村主選手も、15位の安藤選手も、
パチパチパチ。

日本選手だけでなく、
銀メダルのアメリカのコーエン選手も、キュートで可憐な演技じゃったじゃ。
彼女は、フリーで「ロミオとジュリエット」の曲を選択し、演技しておったが、
彼女のルックスとジュリエットのイメージって、ピッタンコ~!!

元々、ジュリエットの年齢は、16歳だったのを、
シェイクスピアが、戯曲にする時、
14歳に設定し直しておったはず。

14歳の恋する乙女ジュリエットを演じるコーエン選手って、まさにジュリエットそのモノじゃったの~。
衣装も、クラシックで、ジュリエット色(?)が、ちゃ~んと出でおって良かったじゃ~。

そして、銅メダルのロシアのスルツカヤ選手も、素敵じゃった~!

彼女は、心臓病を克服してのオリンピック出場。
いや、現在も、薬を手放せないなんて話を聞くと、いまだ心臓病と闘いながらの、オリンピック出場と言うべきか・・・・・・。

ヒヨコ船長は、自分が、グウタラな分、(先程も書いたが)他人に期待は寄せないが、
反面、頑張る人を見ると感動してしまう~!!
もう、スルツカヤ選手の演技と笑顔には、大感動じゃった~!!

と、頑張った各国の選手達、それぞれには賛辞を贈ることにして、

ヒヨコ船長、フィギュアに関しては、
以前から、ど~しても腑に落ちない事柄が有ったので、
それを書いておこうと思う。

それはフィギュアの衣装についてじゃ。

ここ最近、欧米並みに、見られるようになってきた衣装じゃが(安藤選手の衣装はワダエミ作と言うことで注目を集めたの)、
つい数年前まで、日本のフィギュア選手の衣装って、
とんでもなくあか抜けて無かった~!!

つまり鈍くさかった~!

アレって何で?

曲目や、演技内容に合致しておるかどうかで、
衣装も採点に入るんじゃろ~?

当時から、日本には、
パリやミラノのコレクションに出品しておる、世界でも名の通ったデザイナー達が存在していたというのに~。

勿論、着映えの差と言うことも有ったじゃろう。
ここ最近の選手達は、手足も長く真っ直ぐで、
欧米選手並のスタイルになってきておるからのぅ~。

しかし、それだけでは済ませられない鈍くささがあったのじゃよ。
あの当時の衣装にはっ!!

いまだにそれを不服&不思議に思っておるヒヨコ船長なのであった。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-02-24 23:59 | 日常生活