だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ヒヨコ船長の懺悔~

ヒヨコ船長一家は、分譲マンションに住んでおるのじゃが、
先日、不具合が発生し、
今日は、住宅販売会社の方にチェックに来て頂いたじゃ。

住居における不具合と言えば、ほんこの間も、内ドアの取っ手が取れ、リビングに閉じこめられたばかりのヒヨコ船長。

新築で購入し、何年も経っとらんのに許さ~んっ!!

「住宅販売会社の方が来たら、文句を言うちゃる~!!」
と、息巻いておったじゃ。

クレームをつけるには、
「他のお宅もリサーチした方が良かろう」
と、判断し、たまたま同じエレベーターに乗り合わせた、ヒヨコ船長家の真上に住むご家族に声をかけてみたじゃ。

ヒヨコ船長       「最近、ドアなんかに不具合が発生しているのですけれど、お宅は如何ですか?」

テンコーさん     「あっ、ウチもドアの取っ手は、早い時期に壊れたんですよ~」

テンコーさんと言うのは、真上の階の奥様の事じゃ。
彼女は、スタイル、お顔、メイクに至るまで、引田天功のそっくりさんなので、仮にそう呼んでおくぢょい。

テンコーさん     「それにねぇ、あの内ドアの取っ手、ゴールドのつや消し処理されていましたでしょ?でも、それも早々にハゲちゃってイヤだわ~」

ヒヨコ船長       「えっえぇ~~~!!!ドアの取っ手のゴールド色、お宅でもハゲているんですか~?」

テンコーさん      「? そうですよ~?どうして?ヒヨコ船長一家だけがハゲていると思っていたの?」

ヒヨコ船長       「はいっ!あのドアの取っ手がハゲいるのは、てっきり、夫、隠遁ライダーが、脂手で触るからだと思っていました~」

テンコーさん      「・・・・・・(苦笑)」

ヒヨコ船長        「そうか~。ドアの取っ手がハゲているのは、ヒヨコ船長一家だけじゃなかったんぢょい~。隠遁ライダーが、脂手攻撃で溶かしておる訳じゃなかったんぢょい~(しみじみ~)」

テンコーさんは、
「それは、ご主人に気の毒すぎる誤解なので、ちゃんと解いておいて下さいね」
とか何とかおっしゃって去っていったじゃ・・・・・・。

いや~、人とは話してみるもんやね~。

ここで懺悔を一発。

隠遁ライダーよ、スマン。
我が家で、塗りのハゲておる部分は、みんなキミの脂手の仕業やと思いこんでおった。
恐るべき、妖怪「脂手ジジィ」と・・・・・・。
しっかし、それは冤罪でござりましたじゃ~。
ここに深くお詫び申し上げるじゃ。

反省、反省~。


今日の懸賞当選品
サトウのごはん全国産地銘柄米セット5000円相当(サトウ食品)
[PR]
by hiyokosencho | 2006-02-17 23:59 | 日常生活