だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「ヒヨコ船長一家語」

レンジで温めることを、
「チンする」
と言うご家庭は多いようじゃが、
各家庭毎に、その家庭でしか通じない言葉と言うモノは有るようじゃな~。

今日は、そんな「ヒヨコ船長一家語」の一部を記しておくぢょ。

まず、分かりやすいものから。

夫、隠遁ライダーしか使わない言葉。
「スップン」
これはスプーンの事。
隠遁ライダーの血縁者も数名、この発音でスプーンを指すそうな。

ヒヨコ船長しか使わない言葉。
「ホット」
これは使い捨てカイロの事。
ん~、何でホットと言い出したのかは不明じゃが、やっぱり言葉通りホットな日用品じゃからかのぅ?

次は、きっとヒヨコ船長一家でないと、使わないし、分からないであろう言葉じゃ。

隠遁ライダーしか使わない言葉。
「頭がピ~コピコ」
これは、氷菓などを食べて、頭がキーンとした時に用いる言葉じゃ。
なぜピ~コピコなのかは不明ぢょい。

次にヒヨコ船長しか使わない言葉。
「ガンガン」
これは洗面器の事。
ヒヨコ船長、実は、結婚するまで、この「ガンガン」は、洗面器の別称として世の中に認められているモノとばかり思っていたじゃ。
本当に、誰も使っていない~?
この呼び名の由来は、おそらく、ヒヨコ船長の両親がまだ若い頃、アルマイト製の洗面器等が多く出回っており、それの音がガンガンしたところから来ているのではでは無いじゃろうか?

そして、隠遁ライダー、ヒヨコ船長、共に使う「ヒヨコ船長一家語」。
「バビュる」
これは、オシッコをする、もしくはトイレに行くという事。
元々は、ヒヨコ船長が、尿意を我慢できなくなった時に、
「♪ロケット、バビュ~ン。ロケットバビュ~ン」
と言う、童謡のフレーズが、ヒヨコ船長の頭の中でクルクル回る所から来ているじゃ。

この歌、タイトルが分からんのじゃが、
よくNHKの子供番組等で流れておったじゃ。

ヒヨコ船長、なぜか、この歌が、トイレに行きたい(特に緊急の)時、
歌詞の「ロケット」の部分が、「オシッコ」に変わり、頭の中で鳴り響くんじゃよな~。

しかも、すっごいスピードで。

それで、我が家では、ご不浄で席を外す時等は、
「バビュッてくらぁ~」
というような使い方をしておる。

まだまだ、おかしな「ヒヨコ船長一家語」は有るのじゃが、
今日はこの位で。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-01-18 23:59 | 日常生活