だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

デック&ジェーン 復讐は最高!

以前、新聞購読料集金のおばあちゃんに貰った映画のチケットで、今日は「ディック&ジェーン復讐は最高!」に行ってきたぢょ。

結論から言えば、
ヒヨコ船長は面白くなかったじゃ。

しかし、映画好きのいろいろな方のブログを訪問してみると、かなり評判がエエようなので、
面白く無かったのは、ヒヨコ船長と、ヒヨコ船長右手後方に座っていたオッチャンだけかもしれん(オッチャン、上映中ずっと、スゴイ鼾で爆睡)。

ストーリーもテンポも、ヒヨコ船長には合わなかったのじゃが、
「こいつぁ、スゴイわい」
と、思った事も有ったので、それを少し書いておくじゃ。

スゴイ~と思ったのは、主演ジム・キャリーの演技。

どんな演技がスゴかったかと言うと、
「まさにアンタこそアメリカ人だよ~」
と、思わせる、有りがちな(表情とか、テンションの高さとか)アメリカン一般ピープル代表になりきっていた事。

ただでさえ、ジム・キャリーって、アメリカ人の中のアメリカ人ってな顔をしているので、もう、彼一人に全アメリカがシンボライズされている感じで、
思わず、
「おぉ~」
てな気は、したじゃ。

そう、ジム・キャリーの一般人になりきりっぷりはスゴかった~。

でも、一本、映画を見た後で、印象に残ったのがコレだけってのは、
悲しいのぅ~。
[PR]
by hiyokosencho | 2006-01-11 23:59 | 日常生活