だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ヒヨコ船長の過去

今日は、少しヒヨコ船長自身のことについて書くですじゃ。

12月8日のブログで出した『ヒヨコ船長クイズ』、
「ヒヨコ船長が、独身時代就いていた職業はなんでしょう?」
の、答えは・・・・・・、

Mの「高校教員」でした~!

結局、体を壊して辞めたのじゃが、辞めるときは大泣きしたぢょい。

幸いにも、教えた子供達は、み~んな可愛いと思えたので、
仲の良い友人達からは、
「天職じゃのう」
な~んて言われたりもしたのじゃが、
実際は、どうじゃったのかのぅ?

そればかりは今でもわからんが、少なくともヒヨコ船長にとっては、
楽しく幸せな仕事じゃったぢょい。

じゃがのぅ、
どうやら外見は、この職業とほど遠いモノが有ったようで、
よく初対面の人に、
「美容部員?」と、聞かれておりましたじゃ。

美容部員って、化粧品の販売員のことじゃろう?
じゃあ何かい?
仕事でも無いのに、ヒヨコ船長はあんなに濃い~メイクをしてたってこと~?
してませんってば~(汗)。

ところで、いろいろな方のブログを拝見していると、
結構、保育士さんのブログに行き当たることが多いのじゃが、

こういう職業に就いている方ってのは、
一応に、
「尊敬している先生と出会えて、私もそういう風になりたいと思った」
とか、
「学生時代、先生に『子供達にはお前の優しさが必要だ』と言われた」
とか、
ホント、師弟関係で、涙が出そうなステキなエピソードをお持ちの方が多く羨ましいぢょ・・・・・・。

ヒヨコ船長の場合も、やっぱり初めに、
「お前は教師になれ!!」
と、言ったのは、高校時代の担任だったけれど、
その理由がねぇ~、

「これからの子供はドンドンワケがわからん奴が増える。そうなった時、ワシら既存の教員では対応ができん。でも、お前のような、同じくワケのわからん奴なら理解できるはずや。教師を目指せ!」
だったんだぢょ~。

何かいきなりマイナスから入っていってるんですけど・・・・・・(感動も何も有ったものじゃ無いわいっ)。

当時、ヒヨコ船長は、学校をサボって喫茶店でお茶を飲んでいたり、ミナミなんかをフラ~としているコマッタちゃんじゃったと言うに(不良じゃないぢょ。現在と同様ダラダラが好きだっただけ~)、
今思えば、あの先生勇気有るな~。

しかしっ、この時点ではまだ、ヒヨコ船長は高校教員になる気など毛頭なかったのじゃ。

何せ、子供の時なりたかった職業は、
うどんの玉屋さん(マニアックじゃろ~)じゃったし、

大学を受験する段階で、目指したのは、
保育士じゃったのじゃからな。

しゃあ、何故、保育士にならなかったって?

知らなかったのじゃよ。

我が母校のような、総合大学では、
初等教育学部に行かなければ、
保育士の資格は取れぬということを・・・・・・。

人生行き当たりばったりヒヨコ船長。

入学してから、自分の入った学部では、中学、高校の教員免許しか取得出来んことを知りガ~ン(暢気過ぎ)。

そうして、現在に至る~ですじゃ。

クイズの選択肢を沢山用意した割に、地味~な職業でスミマセ~ンッ!!
[PR]
by hiyokosencho | 2005-12-10 23:59 | 日常生活