だらだら、のらのら、ノホホホ~ン。ほっこり、まったり、グッタリ~。寺社仏閣巡り、読書、懸賞、そして人形コレクションをこよなく愛する、ヒヨコ船長の世の為、人の為には全くならない日常の記録です。


by hiyokosencho
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブラボー!救世観音!!

のどかな土曜日のお昼。

ご飯を食べながら、テレビを見ていたら、

「『法隆寺東院夢殿』に安置されている『救世観音』の公開が本日から始まります」
と言うニュースが。

おぉ~!!
ヒヨコ船長とも有ろうものがウッカリしていたぢょい~!!

聖徳太子の現し身とも言われる「観音菩薩立像、救世観音」!!

毎年、春秋の2回夢殿が開扉され、公開されるのじゃ。

本来ならば、
「待ってましたっ!」
とばかり、駆けつけにゃならんっちゅうに・・・・・・。

「うぅ~!拝観したい~」

一人身悶えしていたら、夫、隠遁ライダーが、
「じゃ、行こう。一時間後に出発~」

この一言で急遽「法隆寺」行きの決まったヒヨコ船長一家。

こう言う時は、奈良・京都の近くに住まいが有って、
「良かった~」
と、つくづく思うぢょい。

「法隆寺」・・・・・・。
そこは夢の世界。

あまりの数の国宝・重要文化財に、
国宝・重文インフレを起こすヒヨコ船長一家。
興奮状態が続き、テンションが上がりっぱなし。

ただでさえ、そんな状態のところに、秋の「法隆寺秘宝展」まで開催中。

今回の「法隆寺秘宝展」は、「西円堂」にまつわる展示の数々。

「西円堂」の「十二神将像」は勿論良かったし、、各時代ごとに人々が、「西円堂」の本尊、「峯の薬師」さんに奉納した弓矢、簪等の展示品も、時代の一端を見せられたようでおもしろかったけれど、同時に展示されていた重文の「追難面」や「普賢延命菩薩像」「阿弥陀如来像」は、もう本当~にイイッ!!!

「夢殿」に行き着く前に既に血圧が上昇しっぱなしで、体がもたないぢょ。

すつかりハイになったヒヨコ船長、いよいよ「夢殿」へ。

「・・・・・・。」

こ・れ・に・は・・・・・・、
すっかり魂が抜き取られたぢょ~~~!!!

曇っている上にライトアップされていない、暗い「夢殿」の中、本来ならボ~ッとしか拝めなかったはずの「救世観音」。
たまたま、他の人を案内していた観光協会のおじさんが持っていた懐中電灯のお陰で、しっかり拝観~!!!

暫し、呪術的だとか、不気味だとか形容されている「救世観音」。

でも、ヒヨコ船長には、その感覚はよくわからなかった~。

ヒヨコ船長の感想は、
とてつもなく厳かで美し~!

拝観した後は脱力~。
一番近いのは、マッサージを受けた後の状態。

「良かった~。あぁ~、でもあともうチョットだけ、チョットだけお願い~」
と、後ろ髪引かれる思い。

「救世観音」、万歳~!!

ここで「法隆寺」拝観時のヒヨコ船長的ワンポイントアドバイス。
救世観音、公開中なら、必ず拝観するべし。
また、「法隆寺」は、「夢殿」に限らず、「金堂」「五重塔」等、照明が無く自然光のみで拝観する場所多し。
故に、拝観は晴天の日、しかも午後2~3時(季節によって違うと思われる)迄の太陽が出ている間に済ませるべし。
以上。

グッタリと、でも、幸せ気分で「法隆寺」を後にしたヒヨコ船長一家。

この後、マッサージをしてもらいにいつものお店に行き、更に幸せに・・・・・・。

でも、仏像拝観しただけでこんなに疲れるヒヨコ船長って一体・・・・・・?


今日の懸賞当選品
ニベアヴィタルサンプル(花王)
[PR]
by hiyokosencho | 2005-10-22 23:59 | 寺社巡り